viva

犬と行く 彦根城 





なんだか恐ろしいスピードで時間が過ぎていきますよ。

早すぎて、仕事も家事もブログも出来てない。

・・・あれ ? なんか間違っているような気もするよね ?

じゃ、なにしてんだって話だよね ?

どーでもいいよねー !!



ということで、記事が飛んでしまったけれど犬と行く 滋賀の旅いくよー

もう強引にいっちゃおうぜー !!  (またか)

しかも、もう分けて書くのがメンドクサイので すっごい写真多いからねー 

読む方も大変だけど、でも大丈夫。 

書く方も大変だから♪ てへー ! (コラ)





長く恋焦がれていた安土城を後にして、次に向かったのはもちろん

あそこだにゃん !!













DSC_5148彦根 犬

ひーこーねーじょー !!に参上~ !












DSC_5140彦根ポスト

ポストだって、城仕様さ !



朝・・・というか、夜中の2時に千葉りーひるずを出発して

安土城で酔いしれて、もうお腹が激ぺこ !

とにかく食いたい ! 何か食いたい !

もう夫婦の会話も無いくらい、お腹が空きすぎています !

せーなかとおーなかがくっくぞ♪ なんて歌があるけれど・・・

あれ、ウソじゃないな・・・。

なので、とりあえず駐車場に止めて 一目散に食べ物屋へ向かいます。














夢京橋

彦根城に続く道の城下町、「夢京橋キャッスルロード」に。

白壁と黒格子に統一された街並みは

まさに現代に甦った江戸時代 ! と言った雰囲気満載です。

しゅてきー !!













キャッスル

・・・と思ったのもつかの間。

なーんか人が居ない。 彦根城って国宝ですYO ?

殿堂入りした、あのゆるキャラもいるのYO ?

なんでこーんなに静まり返ってるのさ !!

と思ったら・・・・

ぬわんと ! ほとんどのお店が定休日だYO !!

結局、食事できるところがなく撃沈。

コンビニもねぇ !!



もう、気合で城へ向かいます。












DSC_4344天秤櫓と渡り橋

天秤櫓と渡り橋。














DSC_4353天秤櫓

天秤櫓。

築城主の井伊家が残した記録によると

この天秤櫓は、実は秀吉の居城 長浜城の大手門を移築したモノとあるらしいですが

改修工事をしても その証拠は見つからず まだ断定されてないんだって。

彦根城は、犬もOKなんだけど建物内はすべてNG。

でも、天秤櫓はどーしても見たかったので

ムッシュに犬たちをお願いして、チョットじっくり見させてもらったよ。














DSC_5158サワヤマ城

あの関ヶ原の戦いで敗れた 西軍の大将 「石田三成」の居城

「佐和山城」が見えるんだよーーーーーー !!

ずっーーーーと見てた。 ここばっか。



「三成に過ぎたるものが ふたつあり。島の左近と佐和山の城」と言わしめた、有名な言葉。

これが、あの佐和山城(跡)か・・・・・

ホントに目と鼻の先にあるんだなぁ・・・


国宝 彦根城の すぐ目の前に佐和山城。

佐和山城の方が築城はずっと早いんですよ。

石田三成は、いろいろと言われている人だけれど

三成は領地で善政を敷き、領民からも大変慕われていたため、

井伊家はその威光を払拭するべく この彦根城を築城したんですYO !

それで佐和山城の建造物は ほとんど彦根城に移築されて

佐和山城は廃城になったんです。

これ豆ね。(語るほどのことじゃないけどね。笑)













伊井家家紋

井伊家の家紋と上がり藤の家紋。

これには、武士ならではの秘話があるんだけれど

涙でキーボードが見えないのでカット。(とても語り切れないのでカット。)














DSC_5167彦根城のコピー

国宝 彦根城 !!












DSC_4380彦根城②

想像以上に小さい !!

この城は、たくさんの名城から構造物を移築して作られた城なんだYO !

今でいう、コスト削減ですな。





さて、彦根城と言えば やっぱり忘れちゃいけないよねー














DSC_5175ひこにゃん登場

ひこにゃーん !!












DSC_5184ひこにゃん登場②

地味に登場~ ! 

音楽も、司会進行も、何もなく 無音で出てくる !(笑)


事前にスタッフから

「あくまでも"ゆるキャラ"なので、本当にゆるいです。

とにかく、すべてが"ゆるい"です。どうか暖かい目で見てあげてください」

と、説明が。














DSC_4407ひこにゃんおじぎ

おじぎする、丁寧な ひこにゃん。














DSC_4468ひこにゃんと鈴②

・・・・想像以上にゆるい。観客席から失笑が出るほど(笑)














DSC03357ひこにゃんと梅③

しーーーーーん !! とした中で、もんのすごいスローペースでポーズをとる

ひこにゃん。(笑)


BGMがないのも、ひこにゃんがしゃべらないのも まぁ、よしとして。

司会進行のお姉さんくらい付けたらいいのに・・・・

ホラ、イルカショーとかでも お姉さんがマイクで盛り上げるじゃないの !

これじゃ、公開処刑だよ・・・













DSC_5243ひこにゃん後姿

でも、可愛いけどーーーー !!

影なんて、悶絶な可愛さだけどーーーー !!


ひこにゃんは、彦根藩の2代目藩主・井伊直孝にゆかりある1匹の白猫をモデルとしているのは

有名な話だよねー♪












ひこにゃん ラブリー

も・ん・ぜ・つーーー !!












DSC03367ひこにゃんとノエル

ひこにゃん、ノエルたちに

オシリをふり・・・














DSC03373ひこにゃんとノエル②

ふり。(笑)


ムキャー― !! かわいスギール !!












DSC03410立ち上がるノエル

「オレ様のが ぜんぜん可愛い !」



ノエ爺、猛抗議。(笑)



ほとんどヤル気なしで、ひこにゃんを見ていた犬たちですが

たまに観客席から「かわいいー♪」と声が上がると

「オレか ?!」と立ち上がる 我が家のアイドル ノエ爺さん。

ノエ爺は、永遠のアイドルだよぉ~ (バカ炸裂)












DSC_4348これも ひこにゃん

城内のお土産屋さんで、昼寝をする にゃんこたち。

ある意味、本物の「ひこにゃん」。(笑)







楽しかった 犬と行く滋賀ケーンの旅。

帰りに伊豆の河津で夜桜もしました。


・・・・もちろん、日帰りですがな。

この日の走行距離、軽く1000キロ越え。90%がマダムの運転ですがな。
















翌日の仕事の記憶がございませんが。
trackback: -- | 本文: -- | edit

犬と行く 安土城 





まだ春を遠く感じていた 3月のある日。

久しぶりにムッシュ(夫)と休みが合うと分かり

旅に出ました。

もちろん、いつもの「思いつき旅」です。


目指せ ! 西 !

走ってみたいぞ ! 新東名 !!


待ってろーーーーー !! 城ぉぉぉーーーー !!


・・・城ネタ、久しぶりです。 マダム鈴木です。














DSC03255安土城 入口

千葉りーひるずから車で7時間。

・・・遠かった・・

いや、距離じゃなくて。いや、距離も遠いんだけど。

一番行きたかったところ。

ついに、マダム 長年の夢の場所へとやって来ました。














DSC_5098天下布武

滋賀県は安土城ーーーーー ! キターーーーー !!

もちろん、ワンコ連れで来ていますが

安土城はペット禁止なんですよ(涙)

なので、ザザッーと楽しみます。

だから、歴史に興味がある人も、無い人もザザッーと楽しんでってYO !












DSC_5110安土階段

入山料 500円を払ったら、いざ 天下ーーー !! (気分は信長)


そうですよ。

3年かけて織田信長が作りあげた安土城は、

明智光秀の謀反により、たった3年で燃失してしまったので

石垣が残るだけの城址なのですYO !


「入館料」じゃなくて、「入山料」ですからね ?

分かりますね ?

めちゃくちゃ山登りですからーーー !!

でも、嬉しすぎて 心臓痛い。













武士屋敷跡

偉大な武将たちの屋敷跡が。

豊臣秀吉の敷地は、群を抜いて大きかったー !!












DSC03271石仏

城へと続く大手道には、ところどころに「石仏」が。


当時、多数の石仏が階段の石(踏石・縁石)として使用されていたんです。

築城工事を急ぐため、あちこちから徴収され 階段としてそのまま使用されたとか。














DSC_5114仏足石

コチラは、天主に近いところにある、「仏足石」。


お釈迦様の足跡として崇拝されるべき物なのですが

大手道にあった石仏と同じように 石垣として使われていたそう。

石垣には、仏足石だけでなく、墓石も使われていたとか。






目につきやすいところに石仏を置いて、踏み石にし、あえて民衆に見せつけることで、

自分はいかにも神をも恐れていないことを顕示するためなのか

それとも、その逆で 築城の安全と完成を信長スタイルで願ったものなのか。


・・・しばし、考えこんでしまいました。


これは、研究者や歴史好きの中でも いつも論争を巻き起こすひとつ

信長は本当に「無神論者」なのか、それとも・・・。


実はどうだったかなんて、結局誰にも知りえないんだけどね。

だから、やっぱり歴史は面白い。

そして、ここに来たからこそ感じるものはとても深い。

嬉しいよーーー !!












DSC_4220お堂の鐘

安土城を管理している「摠見寺」。

徳川家康の旧邸跡です。

ここは、土日・祝日の天気の良い日しか入れない。

・・・殿様は信長だけじゃなくて、商売も・・・

ステキ― !! (おい)














DSC03278本廟 全体

豊臣秀吉が作った、信長の本廟。














本廟

信長の「太刀」「烏帽子」などの遺品を埋葬してあります。


マダムも烏帽子かぶりたーい !!











DSC_5120瓦に家紋

瓦には、織田家の家紋。

「木瓜の家紋」

木瓜紋は、キュウリの切り口、なんて良く言われてるけど

本来は地上に巣を作る鳥類の巣を象ったものと言われていて

木瓜紋は卵が増えて子孫が繁栄する鳥の巣であること、

神社に用いられる御簾の文様であることから神の加護があるという、

めでたい紋として用いられるようになったようです。














DSC_5122本廟 中

もちろん中には入れません。




少し離れた所に「織田家四代の墓」があったんですが

時間の都合上、行けず。(号泣)

石垣と山道しかない城址ですが、それでも見どころ沢山で

ここに来るまでで40分はかかってます。

アイツら(犬)がぁぁぁーーーー 待っているぅぅぅーーー


ちなみに、「織田家四代の墓」に入っているのは

信長の二男「織田信雄系統」です。

豊臣についたり 徳川についたり 信長亡き後の乱世を生きのびた家系です
      
信雄の五男系統は その末裔がフィギュアスケートの織田信成選手ですよね。














安土城

天主跡。



知ってました ? 

日本で初めて天守を作ったのは信長で、この安土城なんですYO !

そして、安土城に限っては「天守」を「天主」と呼ぶんです。

「守る」という字を使わず「神」の意味を持つ「主」を使うあたり信長らしいです。

大好きだーー !!












DSC_5133琵琶湖をのぞむ

天主から琵琶湖をのぞむ。














DSC_4291広がる田園

広がる田園。














DSC03289パノラマ 安土

気分はすっかり信長。












DSC_5135怖い瓦

当時のままの三重塔。

・・・怖い瓦。














DSC_5136安土 仁王様

コチラも当時のままの仁王門。

もちろん重要文化財です。














DSC03260石垣

ふつう城内の道は 敵が本丸になかなか到達できないように狭くて曲り角が多かったり

登ってるんだか、下ってるんだか分からんがな。

というトリックに溢れているけれど
  
安土城の道幅は6mと広く およそ180mも直線が続いている。

「城は戦いの砦」が普通ですが、信長の安土城は

「オラオラ~ こいや~ ! すごいだろ~」って感じ。


・・・1日かけて、ゆっくり見たいよー。



早足でザザッーと見て、だいたい1時間くらい。

駐車場は500円、入山料は500円。

なにひとつ手入れの行き届いていない山の中だけれど

ペットの入山は不可。

・・・手入れが行き届いていないからこそのペットNGか ?

これ以上劣化しないように・・・。(コラ)


また来たい !!

ってか、日帰りでも来れると分かったから 毎週、来たい !!













鈴木ファミリーはブログランキングに参加しています。
ポチッと応援ありがとー♪
    ↓

この後は、あの城へ向かいます。待っててにゃん !
trackback: -- | 本文: -- | edit