viva

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

さよなら うつくしま福島 








極寒の福島の宿を出発して、北へと車を走らせます。

今回は、いつものような「鈴木旅」ではなく、

あくまですべてが通過点。

北で、今か今かと私たちの到着を待っている人たちがいるので

観光はグググッーーー !! とガマンなのです。


でもねぇ。やっぱりねぇ。

気分くらいは「旅」したいじゃないのぉ~。

だって鈴木だもの~。

ナチュラル・ボーンな ナラズ者だもの~。








DSC05714黄金の道

黄金の道。


だから、すぐに東北道には乗らずにちょっとだけ遠回りしちゃうもの~










DSC05718涼風峠

福島レイクライン通っちゃおっーと。

恒久的に無料のこのレイクライン。

名前の通り、たくさんの湖を望みながらドライブ出来る道路です。










DSC05734涼風湖からの景色

涼風峠から見る景色。

・・・絶景 !!


・・・思ったんだけど、福島の山って 山が違う !!

千葉りーひるずも山いっぱいあるけど、福島の山って美しいんだね~

めっちゃ感動~ !!










DSC05723タイヤすごい

・・・タイヤが落ち葉? でスゴイことになってる。

まるでスパイクタイヤみたいだよ !!










DSC05745紅葉とモジャ

中津川渓谷でトイレ休憩。

紅葉が素晴らしいぃぃぃーーーー !!










DSC05748クマ注意

「熊出没注意」の看板が、リアリティありすぎて怖いです。

「クマに注意」と、カタカナとひらがながちょっと入るだけで優しい雰囲気に感じちゃう錯覚。

「熊出没注意」 全部、太文字の漢字だと、こんなにも危機感があるもんなのね。

すっごい おっかない熊が出そうだもの。


中津川渓谷 トレッキング道の入り口です。










DSC05746紅葉とモジャ②

「行ってみちゃう ?」



一度来たいと思ってたのになぁぁぁ・・・・・・

しかも、今回は紅葉が素晴らしいタイミングなのになぁぁぁ・・・・

そんな時間は無いんだよな・・・(撃沈)










DSC05721車窓から紅葉

「早く乗れ」


・・・うっせー。

涙をこらえて出発です。










DSC05749日本の道100

・・・でもって、磐梯吾妻スカイラインも通っちゃうけどね。

日本の道100選だそうですよ。

でも、なんだろ。この寂しい空気感は。










DSC05751山の道

どこどこ登るよ。どこまでも。

同じ福島の山でも、さっきのレイクラインで見た山とは

ずいぶん雰囲気が違います。

なにこれ ! なにこれ ! 

なんか廃墟マニア的なテンション上がるんですけどー !

ぜんぜんっ廃墟マニアじゃないけどー !










DSC_2025スカイライン①

浄土平です。


なにこれー ! なにこれー !

噴煙あがってね? なんだろ、このグレーな世界観は !!

なーにーこーれーーー !!

めっちゃテンション上がるんですけどーー !!




・・・実は、この記事を書く直前にパフパパさんから

「スカイラインの浄土平がオススメですよ」

と、コメントを頂きまして・・・まさにその記事を書こうと息巻いていたので

ひっくり返りました。(昭和風に)


スカイライン沿線では、濃度の高い火山性ガスが噴出している場所があります。

硫黄臭ぷんぷんです。










DSC_2028スカイライン②

「火山ガス 危険 ! 停車禁止 !」

の看板まで出てきましたよ。

この別世界観に、山は生きているんだと痛感させられます。











th_9dd27_8234_3.jpg

ガス地帯周辺。


昔から、この一帯には「キツネ地獄」の地名も残されていて、

とくに四つ足の低い姿勢で歩くウサギやキツネ等の動物たちが

この付近で火山性ガスのため死んでしまうこともあるそうです。


スカイラインの独特なこの沿線は、

「浄土平」 「地獄谷」 「涅槃坂」 「狐地獄」

という、ピシっ ! と気が引き締まるような地名がついています。

古の人たちからの知恵と伝えを受け継ぎ、今もこうやって無事にこの道を通って

この周囲の登山やトレッキングが楽しめるのも

正しい認識と心構えがあってのことなんだよねー。

すごいなー ! すごいなー !










h1.jpg

どんな山なのかと気になって調べたら

すごい画像で、ふたたびビックラー !! ですよ。 *HPより画像お借りしました

吾妻山の噴火口にもビックラだし、

すごい所を道が通ってるんだと 何度ビックラさせるんだと。










DSC05765福島の街

浄土平から望む、福島の街並み。



美しい自然がたくさんで、犬と一緒に楽しめそうな所がいっぱいあるんだと

つくづく痛感した福島。

大好きだよ、福島 !! 良い所だよ、福島 !!

ぜんぜん、楽しめなかったから絶対また来るよ !!

今回の写真は、ほぼ車中からの流し撮り写真だよ !













マダム、泣かないで !! のクリックありがとー !!


弾丸すぎ




=追伸=

只今、溜まりに溜まった仕事とブログの更新に追われているため

少しだけコメントへの返信が遅れちゃうかもー ! だけど

許してあげちゃうかもー ! みたいな感じでよろしくお願いします。てへ。


スポンサーサイト
trackback: -- | comment: 1 | edit

犬と行く ペンション絵夢 






福島でまさかの気温3度の極寒旅となった鈴木家。

もう寒すぎて、とても観光どころではありません。

なので、15時ピッタリに今夜のお宿へチェック・イーン !










DSC05707エム看板

今回は、初めてお世話になる「ペンション絵夢」さんです。

福島は五色沼にほど近いところにある

ペットと泊まれるペンションです。

メインストリートから曲がってすぐなので、アクセスも良いです。










DSC05710えむ入口

素敵な入口です。

オーナー夫妻は、愛知県民で愛知からここ福島でペンションを開くために

来たそうで、オープンして8年目だそう。










DSC05709雪国仕様

さすが豪雪地帯のペンション。

素敵な入口が隠れるように豪雪対策されてる玄関です。










DSC05655_01フロント

フロントです。

チェックインすると、まず貸切温泉の予約時間を取ります。

「今日は2組しかいないので、貸切温泉も3コマとっていいですよ~」

と、奥さま。

初めて泊まるペンションなので、素行が劇的に悪い鈴木家はビクビクでしたが

細やかで、優しい気遣い。それでいて、さりげない。

・・・なんだか、メッチャ当りの予感してきましたYO ! キャー !

しかも、温泉大好きダー ! 嬉しいんダー !

いっぱい入れるんダー !










DSC05656クマよけ

フロント前には、色々と犬アニメティが揃っているのですが

「熊よけの鈴」に釘づけです。


この辺は、スキー場だらけの裏磐梯。

トレッキングコースもうなるほどあり、自然に囲まれた場所。

ペンションの周りに普通に熊が出るんだとか !










DSC05657鈴

熊よけの鈴でかっ !


この辺の子供たちは、みーんなランドセルに熊よけの鈴を付けて登校するんだって !

すごいよねっ 同じ日本でも知らない生活文化にチョットでも触れられるって

やっぱりワクワクしちゃうよね。


写真撮り忘れましたが、

フロント前の犬アニメティには

●うんちパック ●足ふきタオル ●消臭剤 ●虫よけスプレー

●懐中電灯 ●熊よけの鈴 ●ペットシーツ ●水飲み

などがきちんと揃えられてます。

玄関を出た所に、犬用の足洗い場もありましたよ。










DSC05712おつまみ

フロントでは、100円の無人販売おつまみがあります。

コチラのペンションは、食べ物などの持ち込みOKです !

ジュースとアルコールの自販機もあります。


うちはムッシュ(夫)がフードファイター並みの大食漢で

深夜、明け方、目を覚ますと食べ物を食べるので

持ち込みOKの所しか泊まりません。

・・・・いえ、泊まれません !










DSC05651露天

貸し切り温泉です。

すごく広い湯船で、ゆったりまったりくつろげて最高☆

1コマ、40分の貸切なので 満室の時は1コマだと女性は足りないかも~

朝は、空いていれば好きに入っていいそうで♪

お湯はぬるめのヌルヌル泉質で、これまた最高☆

*お部屋にもユニットバスあり










DSC05662二階廊下

お部屋は、すべて2階にあります。

階段も廊下も絨毯が敷いてあるので、わんこにも優しい !!

お風呂以外は、館内すべてわんこOKですっ ! いやっほーい !










DSC05660廊下アメニティ

2階にも、犬アニメティの棚があります。

食べ物、持ち込み可なので電子レンジもあるのがメッチャ嬉しい。










DSC05661_01明り取り

大きな明り取りの天窓。

夜は満天の星が見れるのかなー♪

と、期待してましたが、悪天候のため撃沈。(またかー)

神様・・・一体、いつになったら念願の満天の星写真が撮れるのでしょうか。










DSC05644食堂

お食事は、1階の広いダイニングで頂きます。

もちろんわんこも一緒に食べれます。

壁にリードフックがあるので、そこに繋ぎます。

ペットチェアや、犬用の敷物はありません。

フローリングにじか座りなので、慣れていない小型犬のわんちゃんには

マイベッドやカフェマットを持参したほうがいいかも。










えむ食事

お食事は、ご主人の手作りコース料理です。

「あまりに寒いので、急遽 豚汁作りましたから 好きなだけおかわりしてください」

と、目の前のストーブに豚汁。

美味しかったぁぁぁーーーー !!


贅を尽くした豪華料理ではありませんが

HPに書いてあった通り、家庭的でアットホームな美味しい手料理でした☆

そして、ビックリしたのが飲み物の値段。

普通、こういうペンションやホテルでのドリンクはお高めの値段なんですけど

ビックリするほど安い !!

カクテルも、たっぷりな量で300円でしたよ !! 居酒屋より安い !!

わんこメニューは一切ありません。










DSC05639里親わん

一緒になった、ワンちゃん。

偶然にも同じ千葉りーひるずからでした ! むきゃ☆

定年後に、犬と一緒にご夫婦であちこち旅をされてるとか。

とっーても良いご夫婦で、犬談義で大盛り上がり(笑)


このワンちゃんも里親で家族になったとか。

犬の顔を見ると、幸せかどうか分かるよね♪










DSC05649絶妙な寝方

絶妙なポジション取りで眠るムッシュとハル。


ムッシュの壮絶な寝相の悪さに恐れをなして

うちの犬たちは絶対にムッシュとは寝ません。

ムッシュが寝返りを打つたびに、ビクッ ! と目を覚まし

こちらに害が及ばないか、ムッシュに鋭い視線を投げかける

毛むくジャラーたちなのですが

ハルだけは、ムッシュにピタリとついて寝るんだよねー。

そりゃ、ムッシュは嬉しくて仕方ないはずです。


館内でほとんど犬たちの写真が無いのは

みんな疲れ切って爆睡だからです。

チェックインしてからずっーーーと、寝てばっか。(笑)


仕方ないので、マダムも寝ました。










DSC05703えむラン

翌朝は、早朝からランで走りまくり。


ペンションの目の前に、専用ドッグランがあります。

整地はされてない、土と草のランでチーム・野生児には最高ですぞっ !!










DSC05700ボールとリーフ

広くて、すごく良いけど

ランの囲いの柵がデザイン・材質、作りといい、とってもやっつけっぽい(笑)

それにしても・・・

いつもなら、目一杯ハシャギ回るリーフなのに

なぜか、やたらと外を気にして気もそぞろなんだよね。










DSC05702何か感じる

「なんか感じる・・・・熊・・・」


・・・やめて。

本当に周りばかり気にしてて、こっちまで気がそぞろですよ。










DSC05687枝発見

「いいもの見つけたーー !!」


・・・ぜんぜん何も感じない子。










DSC05685枝よろこぶ

「うふふー 福島の枝、おいしー」


・・・食うんじゃねー。










DSC05676放浪

「どうぞー、おかまいなくー」



・・・放浪犬ではありません。

一緒にお泊りした、宿泊わんこ君。

とってもビビりちゃんで、犬がダメなんだって。

・・・人もダメなんだってぇぇぇ(号泣)










DSC05678放浪②

・・・だから絶対にこちらを見ないんだよね。(笑)










DSC_1943サルーキ

ペンションのオーナー夫妻の愛犬

サルーキのバロン君 !!

「朝は、外に繋いでいますよー」と言ってたので 

ずっーーーと、まだか、まだかと張ってたんだよぉぉぉ ←コワイ

サルーキなんて犬種、なかなか会えないから楽しみにしてたんだよぉぉ

カワイコちゃーーん♪ 思う存分、モフモフさせてぇぇ~♪

アヘアヘさせてぇぇ~♪










DSC_1947サルーキ②

「断固拒否します」



・・・まさかのシャイ・ボーイ(涙)

お泊りで一緒だった唯一のわんこちゃんもシャイ・ボーイ。

看板犬のバロン君もシャイ・ボーイ。

近寄ると逃げちゃうんだよな・・・










DSC05692枝すき

「お母さんのオーラ、絶対コワイんだってぇ~」




・・・・コイツらのせいじゃないんだろうか。





初めて泊まった「ペンション絵夢」さんですが

特別に豪華な内装でも食事でもありませんが

清潔で備品も揃っていて、すごく良かったです。

チェックインの時と食事の時だけ、オーナーの奥さまが優しい対応で

いろいろ気遣いしてくれて、それ以外は一切 会うことはありませんでした。

オーナーご主人は、調理場にいる気配は感じたものの

一度も見かけることはありませんでしたよ。

たぶん、チェックインとチェックアウト、食事以外は離れの自宅にいるんじゃないかな ? (笑)

細かい「あれはダメ」「これはダメ」みたいな犬ルールもまったくなくて

飼い主のモラルを信じてくれてると感じました。

ほとんどノータッチ。ムダに神経を尖らせないで済んだので

うちの犬たちも、のんびりしててそこが、すごくっすごーく良かったー !!



食事の時にどこか出かけたい所はあるのかとか、お土産や観光について

さりげなく聞いてきて、丁寧にアドバイスしている奥様で

まだ若いのに、その奥ゆかしい感じがたまらなく居心地が良かったです !!

今回は長旅で、あくまで休憩地点として寄ったんだけど

良い宿にめぐり会えたとムッシュも喜んでいました。

素泊まりもOKなので、次は素泊まりかな。

やっぱり、ホテルの食事は多すぎて だんだん食べれなくなっているから

残すと申し訳なくて。

寝るとこと、温泉とドッグランがあれば それだけで幸せなんだよねー。


とっても居心地の良いペンション絵夢さんオススメですっ

ただ、旅先では特別なモノ食べたい♪ とか、絶対美味しいモノ食べたい♪

という食事が重要なチョイスになっている人には向かないと思います。












モジャモジャは、どしたー !! の疑問はクリックでお願いします。


モジャモジャは抱っこばかりせがんで、まるでカンガルー親子のようにマダムと一緒です

trackback: -- | comment: 0 | edit

犬と行く うつくしま福島 







毎年恒例。 秋の鈴木旅に行ってまいりました。

4泊5日旅 またみなさんを長く苦しめるのかと思うと残念です。

・・・ひゃっほーい !!



目指すは東北道ダー !

・・・そして、やっぱり雨なんだよね。

予報は曇りだったのにね。

しっかり雨なんだよねーーーー !!

もう何とも思わないよねーー !!










DSC05589虹

途中、サービスエリアで虹のはじっこ発見 !!

すごーい !! はじっこーー !! はじっこーー !! と大騒ぎ。


「いつも、虹のはじっこはココなのかな ?」とムッシュ(夫)

・・・んなわけ、ねぇーだろ。

物知りなのか、アホなのか。

ハゲなのか、薄毛なのか。 悩む妻です。










DSC_1837檜原湖 紅葉

やって来たのは、福島ケーンは檜原湖です。

紅葉が美しい !! 

・・・はずなんですけど・・・・ね。









DSC05595檜原湖 もやもや

・・・なにこれ、怪奇現象ですか ?

ぜんぜん見えないっす。










DSC05592どんどん悪化

どんどこ悪化する空模様。

ゴジラが出てきても不思議じゃありません。










DSC05590まさかの3度

この日の裏磐梯は まさかの気温3度。

もちろん今季の最低気温だそうで。

寒いを通り越して、皮膚が痛いです。

耳なんか ちぎれて取れちまいそうです。










DSC_1801ハルと歩く

それでも、時折 雨が止むとすかさず車を止め

散策を強行します。

・・・負けるもんかーーー !!










DSC05596リーフと葉っぱ

「負けが見えてきた気がします」



寒すぎて、困惑顔のリーフ。

大きな葉っぱを見つけてハイテンションのマダムに

めっちゃ「バッカじゃねぇーの」ビームを投げつけます。










DSC05598リーフと歩く

ガンガン歩くよ !

悪天候が何だってんだー ! だよ !










DSC05610福島紅葉

唯一、雨の合間にちゃんと見れた福島・檜原湖の紅葉。










DSC05602ハルと紅葉

「ほら、ハル。これが紅葉だよ~」


と、指さす先を熱心に見るハル。

初めて見る紅葉は、どんな風に、どんな色に写っているんだろう。










DSC_1804ハートの葉っぱ

ハートの葉っぱ。










DSC05608福島 落ち葉

どんな天候も、どんな道も

キミたちと歩けば楽しいんだよね。



・・・・・なんて、センチメンタル・フィーバーしましたが

・・・

・・・・・










DSC05760初雪

・・・空もフィーバーです。

まさかの初雪。

昼間だというのに、どんどん気温は下がる一方で

寒い !! じゃなくて「極寒 !!」です。

自然に体がガッタガタに震えて、ファインダーなんて覗いてるんだか何だか分かりゃしません。

その証拠がこの積雪の写真です。

でもね、極寒で歯が勝手にカチカチ言うほど震えよーが

カメラのシャッターもまともに押せないほど全身が小刻みに震えよーが

まさかの雪に歓喜乱舞の大騒ぎ。

やっぱり、どんなシチュエーションも楽しまないとねー。


完全に犬たちは

「ぜってぇ、車から降りないからな !」

「ってか、お前も裸足で歩いてみろ !」 

と殺意に満ちた目で見るので、散策はあきらめて、

車で檜原湖をぐるりとゆっくりドライブすることに。











DSC05614浮かぶ釣り小屋

「ちょっと ! ちょっと ! 湖になんか浮いてるよー !!」


と、騒いでまた車を止める。










DSC05616紅葉と釣り場

どうやら「ドーム船」というモノのようです。

冬は全面凍結する檜原湖では、氷上のワカサギ釣りが有名で

凍るまでの期間限定で11月1日から始まる「ドーム船」と呼ばれる

ワカサギ釣りの準備の真っ最中だったようです。










DSC_1850釣り小屋アップ

まるで、湖上に浮かぶ 田舎の民家とビニールハウス。

ワカサギ釣り、やってみたいーー !!



ゆっくり2時間かけて檜原湖を一周楽しんだ頃、お腹が減ってきましたよ。

檜原湖・五色沼周辺にはペット可のレストランがいくつかあるので

そのどれかを利用するつもりでいたのですが・・・

地元の人も驚く、突然の寒さで テラス席の暖房の準備がどこも出来ていなかったのです。

ってか、テラス席だけじゃなくて 店内の暖房準備も慌ててしてました(笑)

さすがに、この寒さで犬と一緒にテラスでランチ♪

という気分には とてもなれず猪苗代湖へ移動します。










猪苗代地ビール館

猪苗代 地ビール館です。

ムッシュ大喜び。










店内

店内はビアホールのよう。

真ん中の席のほとんどは団体客のリザーブ席で

私たちは、窓際のカウンター席に案内されましたよ。










DSC05629磐梯山

絶景のロケーションのカウンター席。

目の前は、磐梯山 !! キャー !!

しかも、この日は初冠雪。 キャー !!

うれしー♪










DSC05627磐梯山シール

こうゆう さりげない気遣いが嬉しいよね。


会津ぅ~♪磐梯さぁ~ん~はぁ~♪

宝ぁ~のぉ~山ぁ~よぉぉ~♪

小原ぁぁ ! 庄助ぇさんっ !! ~♪  


・・・と、磐梯山を見ながら歌うマダム。

「なに ?! それ ?!」と驚くムッシュ。

「この3章節しか知らないんだもん。」 正直なマダム。


「・・・いや、歌詞じゃなくて、なんでここで歌うの ? 今 ?! 車で歌いなよ !」


・・・そういうことなの ?


・・・ところで小原庄助さんって誰なんでしょう ?










ビール窯

磐梯山の名水とドイツの原料で製造される

本格派地ビール。










地ビール三昧

「グラスかな ? ジョッキかなぁ ? ねぇ、どっちが良いと思う ?」

・・・もう答えはとっくに決まっているクセに、一応 打診して来るムッシュ。


「もう1杯飲んでもいい ?」

が、リフレインで

「おいしー♪ おいしー♪」

と、ジョッキ3杯 堪能しました。



お酒飲めない妻で良かったね。

運転出来る妻で良かったね。

・・・ってか、デキる妻で良かったね。

夫婦円満の秘訣は、ある程度の小銭とオーバーリアクションの思いやりです。












DSC05618ビールソフト

「地ビール ソフトクリーム」


・・・とても食べる勇気はありませんでした。

恐るべし ご当地グルメ !!


こちらは、もちろんペットは入れません。












記事がムダに長すぎ !! の怒りはクリックで !


もはや「やっつけ記事」は常態化




trackback: -- | comment: 4 | edit

犬といっしょに、どこまでも 





大内宿に来たワケですが・・・







三澤や

大内宿で一番人気の三澤屋さん。

味も、江戸時代を思わせる店内も そりゃ素晴らしいらしいです。













DSC_1802カートで大内宿

でも、ここは犬NGなんだなー。




大内宿は、ペットも一緒に楽しめる町です。

ワンちゃん連れの方もたくさんいるけれど・・・












DSC_2048 なでられたい

「家に犬を置いてきてるのよ~」



・・・ということで、ウチの犬を触りに来る人が途切れない。(苦笑)

もう、次から次へと人が触りに来るので全然前に進めにゃい。













DSC_1840蛙 大内宿

大内宿は両脇に小さな川が流れているんだけれど

あちこちにカエルの置物が。













とまと

すっごくキレイな川で、野菜やビール、ラムネなんかを冷やしてる。

この情緒は、こういう場所ならではだよね~












DSC_1824ダリアと大内宿

季節の花が、とてもナチュラルに植えられていて

作りこまれていない、素朴なこの町の雰囲気をより一層素晴らしいものにしています。












DSC_1841大内宿神社

神社の雰囲気も、なぜか厳かに感じたり。











大内宿食べ歩き①
大内宿 食べ歩き②

どこのお店も、茅葺屋根の家の前では 食べ歩き出来るモノがたくさん売られてます。

「半農半宿」を生業としてきた大内宿は、今も自宅のまわりが田んぼになっていたりして

お米を作ってるんだって。













DSC_2053しんごろう①

大内名物「しんごろう」。












DSC_1826しんごろう

激うまーーーーーーーー !!


ここで売られている食べ物は、どれも100円から200円以内と

びっくり価格のリーズナブル。


「お米には自信があるんだよ」と、おじさんが言うとおり、ホントにお米が美味しい。

お米を買っている観光客もたくさんいました。

そして、ほぼすべての店先に休憩するテーブルとイスがあって

ホント、のんびりと町を楽しめるぅー !











DSC_1834ダイエット茶

ほとんどの店先に用意されてる無料のお茶。

書いてある文句に女子のハートわしづかみ。

もちろん、すべての店先で飲みまくり。(買えよ !)











DSC_1890ちりめん①

飲食店以外にも、この町独特の手作りのモノを販売するお店が

たくさんあって、ホントに楽しい♪











DSC_1894ちりめん

2泊3日の旅行中、快晴 ! は1日もなかったけれど とりあえず雨には降られなかった。

・・・のに、最後の大内宿に着いて、駐車場に車を止めた途端

雨があぁぁぁぁぁーーーーー !!

ったく、あの雨男めっ ! ホント使えない ! (= 夫)











DSC_1860おじいちゃんとネコ

おじいちゃんとネコ。



今も茅葺屋根の家で暮らし、生活をしている町の人たち。

このおじいちゃんなんて、寝まきに半纏を羽織って、年季モノのクボタのキャップをかぶり

縁側で接客しているんだよ(笑)

で、その接客をジャマしに来る 巨大なネコちゃん。

もう、たまらないですっ !


このおじいちゃんの売っている「ローズヒップの切バラ」を300円で買ったら

奥に隠れるように、もう少し大きな「ローズヒップの切バラ」@400円で売られていた !

変えてもらうのも悪いなぁ・・と思っていたら

「安いんだから、両方買いなよ」と夫に言われ、ラッキー♪とばかり、すぐに大きい方もお買い上げ。


・・・すると、おじいちゃんが「クリスマス用にリースにするといいよ」と教えてくれた・・・

と思ったら、「これ、くれてやるよ」と 2000円の値札がついた ローズヒップのリースを

ポーンとくれた。

・・・・おじいちゃん・・・思いっきり赤字じゃないのさ。(笑)











DSC_2084良い子されるリーフ

ここだじゃなくて、他のお店でも何かを買うとそれ以上のモノをくれることもしばしば。

とにかくね、良い人たちなんですよ。

3.11の被災地の県から来たという人には、「応援してるよ」と色んなサービスしている姿も見ました。












DSC_2087目線リーフ

「オレにも優しい~」


犬にも、とても優しい人たち。













DSC_2100もちくださーい

「おもち、大好き~ ?」



・・・調子に乗るんじゃねー !!





行った人は、みーんな口をそろえて絶賛し、大内宿の人たちの人柄の素晴らしさを

語るんですが、行ってみてそれが良く分かりました。

「絶対にまた行きたい」と言われるのも、ホントにうなずけます。

とても小さな町なので半日もあれば十分楽しめます。



大規模な駐車場があって1台 300円です。

もちろんペットも楽しめる町です。道路は舗装されているのでペットカートも OK !

ただ、お店のまわりは土で多少ボコボコはしています。

どこのお店も自宅の縁側で商売をしているので、人が多くペットカートはジャマになるので

気を付けたほうがいいです。


「自然とおてんと様に従って生きてるからねぇ」という住民の言う通り、

午後3時半には、店じまいの準備に入るので朝早くから楽しむのがいいかも。


この町の人も味も、雰囲気も大好きです !!

雪の大内宿も写真に撮ってみたい ! と言ったら、おじいちゃんに

「はははー ! ムリだよ。 ここは冬は2メートルは軽く積もる。まず雪国出身で運転に慣れてなきゃ

あの山道だ、ここまではたどりつけん」

と言われました。 ・・・冬はやめておきます。(笑)







ということで、長い長い旅記事もこれでおしまい。

毎年、秋に行く那須の家族旅行。

読んでくれたみなさん、ありがとう。

犬と一緒に楽しめる場所を少しでも多く紹介して、素晴らしい時間を過ごしてもらいたい。

そして、これからも犬と一緒に過ごせる場所を大切にしてもらいたい。

大切な愛犬、レインを今年5月に亡くしてから より一層 強くそう思うようになりました。


まだ番外編があるんだけれど、それはまた後日。















鈴木ファミリーはブログランキングに参加しています。
ポチッと応援ありがとー♪
    ↓

やっつけ記事っぽくなってるね
trackback: -- | comment: 4 | edit

犬と行く 旅行記クライマックス 




探し物はぁ~なんですかぁ~ ♪

見つけにくいぃ~ モノですかぁ~ ♪





良い上司とノー残業の職場・・・探したけれど見つかりません。 

マダム鈴木です。

見つけにくいんじゃなくて、存在しないような気がしてます。


お母さん、元気ですか ?

娘は40代にして、やっと社会がわかってきました。

産んでくれてありがとー。 ← ?





・・・ということで、犬と行く秋の旅 (いつから、そんなタイトルに ?)

最終章でございます。

那須のホテルをチェックアウトし、向かったのは自宅とは真逆の北。

そして、着いたところが・・・














大内宿 アラカルト

マダム念願のこの場所。

福島県は南会津の山中にある「大内宿」です。













DSC_1913大内宿 上から②

全長約450mの小さな集落で、江戸時代には「半農半宿」の宿場でした]が、

現在でもその雰囲気をよく残し、田園の中に茅葺き民家の街割りが整然と並ぶ

重要伝統的建造物群保存地区なんですっ !!












DSC_1918大内宿 人たくさん

紅葉シーズンということもあって、たくさんの人が来ています。














DSC_1920大内宿 上から

「とにかく人柄が良く、犬にも優しい」と散々聞いていたので

絶対行きたいフォルダーのトップに入ってました。

念願の場所に来れて、泣きそうです。

もう、めちゃサムライ気分ですがなーーーー !!



大内宿といえば「高遠そば」。

箸の変わりに、長ネギ 1本丸まるを使って箸がわりにして食べるそば。

おっしゃー ! こいやー !!












DSC_1786玉や のれん

玉やさんに殴り込み。(コラコラ)











DSC02664玉や全体

おそば屋さんも、雰囲気満点 !!












DSC_1783愛犬立ちより

「お客様の愛犬の休む所」



このネーミングに激しくヤラレました。(笑)













玉や 食事

・・・夫よ・・・

それは、高遠そばじゃなくて、普通のそばですよ。


「えっーーー !! そうなの ?」


・・・何度も言いますが、高遠そばは 箸のかわりに長ネギで食べる

大根おろしたっぷりの辛いそばのことです。・・・バカーー !!


茶色のいなり寿司みたいなモノは、そばを頼むと、付いてくる「揚げそばがき」。

・・・初めて食べたけど、むちゃくちゃ美味しい !!

そばはムッシュ(夫)。 マダムはクリームブリュレを。

ここのクリームブリュレは絶品と聞いていたので。

・・・おいすぅーーーい !!












DSC_1778イワナとリーフ

獲れたてのイワナ塩焼きもあります。



実は、ここ大内宿の入り口、1件目のお店。

イワナを焼くおじさんが、大内宿の歴史についてオモシロ・おかしく、

そして感動も入っての説明をしてくれました。

1件目にして、ここの人たちの人柄の素晴らしさを目の当たりにします。

ヤバーイ !! 超気に入りそうな予感~ !











DSC_1843大人の遠足


ヤバーイ !! 超気になる人~ !


高齢のグループが幼稚園児の格好で歩いてた。

びっくらー !!


・・・よくよく見ると「大人の遠足」と書いた旗を持って歩く添乗員が。

どうやら「童心に返って楽しむ」コンセプトらしい。

いや・・・普通に楽しめると思うけど。













DSC_1762なめ子

「ナメ子」


・・・間違ってない。間違ってないけど・・・


「山 ナメ子」


・・・・このディスプレイ、最高っす。















鈴木ファミリーはブログランキングに参加しています。
ポチッと応援ありがとー♪
    ↓

このクライマックス旅行記、死ぬほど写真大量です。覚悟しぃや~
trackback: -- | comment: 4 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。