viva

犬といっしょに、どこまでも 





大内宿に来たワケですが・・・







三澤や

大内宿で一番人気の三澤屋さん。

味も、江戸時代を思わせる店内も そりゃ素晴らしいらしいです。













DSC_1802カートで大内宿

でも、ここは犬NGなんだなー。




大内宿は、ペットも一緒に楽しめる町です。

ワンちゃん連れの方もたくさんいるけれど・・・












DSC_2048 なでられたい

「家に犬を置いてきてるのよ~」



・・・ということで、ウチの犬を触りに来る人が途切れない。(苦笑)

もう、次から次へと人が触りに来るので全然前に進めにゃい。













DSC_1840蛙 大内宿

大内宿は両脇に小さな川が流れているんだけれど

あちこちにカエルの置物が。













とまと

すっごくキレイな川で、野菜やビール、ラムネなんかを冷やしてる。

この情緒は、こういう場所ならではだよね~












DSC_1824ダリアと大内宿

季節の花が、とてもナチュラルに植えられていて

作りこまれていない、素朴なこの町の雰囲気をより一層素晴らしいものにしています。












DSC_1841大内宿神社

神社の雰囲気も、なぜか厳かに感じたり。











大内宿食べ歩き①
大内宿 食べ歩き②

どこのお店も、茅葺屋根の家の前では 食べ歩き出来るモノがたくさん売られてます。

「半農半宿」を生業としてきた大内宿は、今も自宅のまわりが田んぼになっていたりして

お米を作ってるんだって。













DSC_2053しんごろう①

大内名物「しんごろう」。












DSC_1826しんごろう

激うまーーーーーーーー !!


ここで売られている食べ物は、どれも100円から200円以内と

びっくり価格のリーズナブル。


「お米には自信があるんだよ」と、おじさんが言うとおり、ホントにお米が美味しい。

お米を買っている観光客もたくさんいました。

そして、ほぼすべての店先に休憩するテーブルとイスがあって

ホント、のんびりと町を楽しめるぅー !











DSC_1834ダイエット茶

ほとんどの店先に用意されてる無料のお茶。

書いてある文句に女子のハートわしづかみ。

もちろん、すべての店先で飲みまくり。(買えよ !)











DSC_1890ちりめん①

飲食店以外にも、この町独特の手作りのモノを販売するお店が

たくさんあって、ホントに楽しい♪











DSC_1894ちりめん

2泊3日の旅行中、快晴 ! は1日もなかったけれど とりあえず雨には降られなかった。

・・・のに、最後の大内宿に着いて、駐車場に車を止めた途端

雨があぁぁぁぁぁーーーーー !!

ったく、あの雨男めっ ! ホント使えない ! (= 夫)











DSC_1860おじいちゃんとネコ

おじいちゃんとネコ。



今も茅葺屋根の家で暮らし、生活をしている町の人たち。

このおじいちゃんなんて、寝まきに半纏を羽織って、年季モノのクボタのキャップをかぶり

縁側で接客しているんだよ(笑)

で、その接客をジャマしに来る 巨大なネコちゃん。

もう、たまらないですっ !


このおじいちゃんの売っている「ローズヒップの切バラ」を300円で買ったら

奥に隠れるように、もう少し大きな「ローズヒップの切バラ」@400円で売られていた !

変えてもらうのも悪いなぁ・・と思っていたら

「安いんだから、両方買いなよ」と夫に言われ、ラッキー♪とばかり、すぐに大きい方もお買い上げ。


・・・すると、おじいちゃんが「クリスマス用にリースにするといいよ」と教えてくれた・・・

と思ったら、「これ、くれてやるよ」と 2000円の値札がついた ローズヒップのリースを

ポーンとくれた。

・・・・おじいちゃん・・・思いっきり赤字じゃないのさ。(笑)











DSC_2084良い子されるリーフ

ここだじゃなくて、他のお店でも何かを買うとそれ以上のモノをくれることもしばしば。

とにかくね、良い人たちなんですよ。

3.11の被災地の県から来たという人には、「応援してるよ」と色んなサービスしている姿も見ました。












DSC_2087目線リーフ

「オレにも優しい~」


犬にも、とても優しい人たち。













DSC_2100もちくださーい

「おもち、大好き~ ?」



・・・調子に乗るんじゃねー !!





行った人は、みーんな口をそろえて絶賛し、大内宿の人たちの人柄の素晴らしさを

語るんですが、行ってみてそれが良く分かりました。

「絶対にまた行きたい」と言われるのも、ホントにうなずけます。

とても小さな町なので半日もあれば十分楽しめます。



大規模な駐車場があって1台 300円です。

もちろんペットも楽しめる町です。道路は舗装されているのでペットカートも OK !

ただ、お店のまわりは土で多少ボコボコはしています。

どこのお店も自宅の縁側で商売をしているので、人が多くペットカートはジャマになるので

気を付けたほうがいいです。


「自然とおてんと様に従って生きてるからねぇ」という住民の言う通り、

午後3時半には、店じまいの準備に入るので朝早くから楽しむのがいいかも。


この町の人も味も、雰囲気も大好きです !!

雪の大内宿も写真に撮ってみたい ! と言ったら、おじいちゃんに

「はははー ! ムリだよ。 ここは冬は2メートルは軽く積もる。まず雪国出身で運転に慣れてなきゃ

あの山道だ、ここまではたどりつけん」

と言われました。 ・・・冬はやめておきます。(笑)







ということで、長い長い旅記事もこれでおしまい。

毎年、秋に行く那須の家族旅行。

読んでくれたみなさん、ありがとう。

犬と一緒に楽しめる場所を少しでも多く紹介して、素晴らしい時間を過ごしてもらいたい。

そして、これからも犬と一緒に過ごせる場所を大切にしてもらいたい。

大切な愛犬、レインを今年5月に亡くしてから より一層 強くそう思うようになりました。


まだ番外編があるんだけれど、それはまた後日。















鈴木ファミリーはブログランキングに参加しています。
ポチッと応援ありがとー♪
    ↓

やっつけ記事っぽくなってるね
trackback: -- | comment: 4 | edit