viva

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

犬と行く ダチョウ王国 ファイナル 





ディズニーランドに次ぐ夢の国。千葉 ダチョウ王国も

やっとこ最終章。

え ? なに ? 飽きた ?


・・・

・・・・

・・・・・私もです。

でもね、人生って 大半が忍耐だから。  がんばろう。← ?











DSC_3987ロバコーナー

さて、ダチョウ王国 最後の動物は「ロバとポニーちゃん」です。

我が家の兵器(リーフ)は、最後まで動物と同じ柵に入れることは出来ませんでした。

だって核兵器だもの。アイツ。


優しくポニーちゃんに挨拶してねーー !!










DSC_3993ポニーとリーフ

鼻、押し付けすぎ。












DSC_3993挨拶アップ

ポニーちゃんに 鼻ささってるから。













DSC_4005_01ロバにかぶりつく

「こんにちガオッーー !!」


ゴルアー !!











DSC_3982叫ぶダチョウ

「そいつは、悪魔よーーー !!」



おっしゃる通りで。

お恥ずかしい。





ポニーちゃんも、ロバさんも、テリアアタックにも動じず

何度もリーフに顔を近づけてくれるんですよ。

っていうか、ここの動物すべてがそうです。


天国ダー !! 最高ダー !

帰りたくないんダー !











DSC_4770ダチョウのたまご

「でっかーい !」


ショップでは、スタッフの方が本物のダチョウのタマゴを見せてくれました。


大きい ! そして重~い !














DSC_4767 でっかいたまご

ダチョウってね、寿命は40~50年で

2歳から産卵し、約40年間もタマゴ産むんですってよ ! 奥さん !

しかもね、奥さん ! 

年間 40コのタマゴを産むんですって。









DSC_4768 おいしそう

「タマゴ食べ放題 !!」



・・・爺さん、それはNGワードです。

年間40コで40年産み続けてるってことは・・・・

1羽で 1600羽の子供がーーー !!

そーなんです、奥さん。 もう気づきましたね ?

ダチョウの繁殖能力は恐ろしいほど高いのですYO !


しかーも。 環境への順応力に優れていて 非常に強いらしく

北は北海道から、南は沖縄まで寒かろーが、暑かろーが ノープロブレム !

多湿な地域や限られたスペース,、傾斜地でも飼育可能だとか !

そして嬉しいことに、他の家畜と違って 糞尿の量が少なくて無臭とは言えないけど

近隣に迷惑をかけるような臭いはなく、ハエが寄ってくるようなことはないんですって !

どーですかっ 奥さん !!












DSC03220ダチョウアップ

「家族にしてみる ?」



・・・ウチでも飼えそうじゃないですかー !


ヒナだと1羽 15000円からと意外とリーズナブル。

1年鳥になると、1羽 11万からと跳ね上がりますが。

ただ、ヒナはストレスに弱いため 多頭飼いをすすめるため

まとめての購入になるそうですケド。













DSC_4929ダチョウグッズ

ショップでは、ダチョウグッズも販売してますよ。

宝塚やサンバカーニバルなどで付けている あの羽ですよ !!

あれはダチョウの羽だからねー












DSC_4932バケツえさ

千葉 ダチョウ王国・袖ヶ浦ファームは

大人ひとり900円 + 鳥のエサがついてきます。

レジのところでは、他の動物たちにあげる野菜エサが別売り。(@500円)

よくある触れ合い動物園のバケツエサの倍はある大きさと量です。

(今回は、3人分 サービスでくれました♪ ありがとー !)


ペットOKで、無料ですが

動物に危害を加えないことがルールです。












ダチョウランチ

ネットの口コミで、「実は美味しい」とか「クセがなくて美味しい !」と

評判だった ダチョウ肉。

低脂肪・低カロリーでいて 高い栄養価のため健康食として人気があるとか。


食べてみたーーーー !!




・・・ごめんなさい。マダムにはムリでした。

クセが無いって・・・クセあるよぉ。 カレーでも、肉のクセが分かるよぉ。

ハンバーグは特にクセが強い。

ソーセージが一番食べやすかった。 んで、どの肉も固い。

ホントに美味しかったら、もっと流通してるよね。 (コラ)


ちなみにバーベキューもあるよ♪

ショップ内はペットNGです。

レストランがあるわけではなくて、ショップ内のスミにちんまりと座敷があって

そこで食事になります。






ダチョウ王国とは名ばかりで(笑)

ダチョウはそんなにいません。 ってか、確かに園内は広い山の中ですが

動物自体の種類はそんなにいません。

空いている飼育舎もあったりで、動物園感覚で来るとガッカリ感があるかも。

実際、マダムたちが行ったこの日は平日のせいもあるかもですが

後から1組のファミリーが来たきりで、一切人影なし。

しかも、そのファミリーは30分も居なかった。(笑)

貸切でチョー楽しかった。


お客さんの影もないけど、飼育員の影もない。

めっちゃ放任王国。

ネットで「ポニーは乗れます。 でも、自己責任でお願いします」と看板があって

飼育員は見当たらず、勝手に乗れってこと ? と書いてあったくらい。(笑)

マダムが行ったときは、その看板はなかったので中止されたのかな。残念。(おい)

いくらポニーといえど、裸馬にスタッフなしでは乗れないよね。普通なら。



なにひとつ舗装されていないので、汚れてもいい格好で行きましょう。

普通に動物たちは、ガンガン抱きついてきます。

できたら晴れてても長靴が最強です。

何度も言いますが、動物園感覚で行くのはやめましょう。

「野良猫と何時間も戯れるのが好き !」 という人向きです。(笑)

動物はどれも おとなしくて、本当に良く慣れています。

犬連れで遊びに行くなら最高です。

そして、食事は済ませて行きましょう。 山の中なので近くに食事するようなところはない !

ダチョウ肉は好みが分かれる。普通のメニューは一切ありませんので。



いろいろ書きましたが、マダム的には大好きです。

近かったら毎日行きたい。

実は、ここダチョウ王国は茨城の石岡ファームが本店です。

そちらのが、はるかにたくさんのダチョウとたくさんの種類の動物がいるようですよ。

そっちも行ってみたいなー。


ゴールデンウィークに、ぜひ 千葉 ダチョウ王国へ。















鈴木ファミリーはブログランキングに参加しています。
ポチッと応援ありがとー♪
    ↓

マニア向け














スポンサーサイト
trackback: -- | 本文: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。