viva

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

さくらんぼハンター 






山に捨てられた鈴木ファミリーですが








DSC_0493さくらんぼの木とモジャ

「ここは天国ですよ。おかーさん !」














DSC_0471さくらんぼの木

間違いなく、そこは天国でした。てへ♪



・・・でも、これから読むみなさんは地獄です。

だって、メンドクサイから一気に写真放出ですから。がんばれー ! (また !)


数えきれないほどのさくらんぼの木がひしめきあっています。

・・・キャーーー !!












DSC_0443さくらんぼです

さくらんぼといえば「佐藤錦」



日本で先駆けてさくらんぼを栽培したのは、実は山形ではなくて山梨だそう。

山梨のさくらんぼの苗木を山形の佐藤さんに送り

その佐藤さんが、地道な交配と研究を重ねて作り上げたのが「佐藤錦」なんだってー。














DSC_0464さくらんぼの違い

ナポレオンとジャイアントキングです。


ここ、宮原農園さんではたくさんの さくらんぼの種類が。

ジャイアントキングの大きさにびっくり ! 

美味しくて、2度びっくりーー !!












DSC_0456見張り役

山に捨てられた鈴木家ですが

ちゃんと後から、スタッフの人(?)が来て、ずっと説明や世話をしてくれました。


「他にお客さんいないし、犬たち離してあげなよ。可哀そうだよ」とおじさん。


とても親切で犬好きな人で、うちの悪魔たちをたくさん可愛がってくれました。




「あのおじさんは、私たちが全部食べ尽くさないように見張ってるのかな ?」

というマダムに

「・・・人の土地に入り込まないように、注意してくれるんでしょ」と冷たいムッシュ。



わーわーと騒いで、あちこちへと移動するマダムに

「こっちからコッチがウチの土地ね」と優しく微笑むおじさん。


おじさん・・・ごめんね。いろいろと。


「あの人は、全部食べられないように監視に来たんじゃない ?」

と、マダム母。














DSC_0509さくらんぼでごきげん

「血は争えないね」


・・・お恥ずかしい。














DSC_0478甲府の眺め

さくらんぼ山からの眺めは絶景です。




来る前に「いかに40分でさくらんぼを効率良く食べるか」と

ムッシュと必死に策を練っていました。


初めの20分で、とにかくさくらんぼを狩る !

残る20分で死ぬほど食べる !

とかね。











DSC_0481甲府の眺め②

晴れてたら絶景だなー。



食べ過ぎて、木がスッカラカンになっちゃって

出入り禁止になるんじゃね ?

なんて言うほど、ヤル気マンマンでしたが・・・


そんなに食べられないのね。さくらんぼ。


ぐやじいーーー !!













DSC_0484さくらんぼは犬ok

ペットOKのこちらの農園は、本来はリード着用が義務です。

大人ひとり2000円で40分食べ放題。

わんこ無料。

雨でも大丈夫なハウスでのさらんぼ狩り・・・のはずなんだけれど

なぜか鈴木家は山へと案内されました。(なんで ? )














DSC_0475さくらんぼあひる

あひる型のさくらんぼちゃん !!












DSC_0476 あひるいっぱい

しかも、いっぱい。(笑)












DSC_0519さくらんぼは雨が大敵

さくらんぼは、雨が大敵だとか。

茎の根本のへこんだ部分に雨が溜まると、重みで皮が割れて

そこから病気になっちゃうんだって。


なるほどねー !!












DSC_0553さくらんぼリーフ

落ちてるさくらんぼに、多少 興味はあるようだけれど

食べることはしない悪魔くん。

でも、手からあげると美味しそうに食べる悪魔くん。


落ちてるのも食べられるとは分からないんでしょう。ばかちんめ~














DSC_0484さくらんぼは犬ok

もう、体内すべてが「さくらんぼ」になるくらい食べました。

結局1時間くらい食べてたと思います。


そろそろ受付へ帰りますよー













DSC_0584ぶどう畑

帰りは、受付まで歩いて5分くらい。 食後の良い運動です。

帰り道は、ぶどう畑がいっぱい !!












DSC_0578ぶどうたわわ

ぶどうがたわわになっています。

デラウェアだそう。(マスカットだと思ってた。笑)














DSC_0582下からブドウ

ここから、1房づつピンセットで粒を間引いて、実を大きくするんだそう。

この時期の果樹農家は朝3時から夜10時まで、ほぼ休憩もなしで大忙しなんだって。














DSC_0618さくらんぼボール

受付けに戻ってきましたよー。

「お疲れ様です~ 中でお茶どうぞ~」

と、朝とは違うスタッフの人が応対してくれました。














DSC_0594手作り漬物

手作りの漬物まで振る舞ってくれます。














DSC_0619ドライフルーツ

店先では、手作りのドライフルーツを販売しています。

あまりの美味しさにトマトとさくらんぼのドライフルーツをお土産に♪












DSC_0614オヤツもらうノエル

コチラのスタッフさんも、犬が大好きで なぜか冷蔵庫から犬用ジャーキーを

出してきて、うちの悪魔たちにくれました。


犬飼ってるんですか ? と聞くと


「いえいえ。近所の犬が遊びに来るんですよ~

だからオヤツを用意して待ってるんです」とスタッフのおじさん。














DSC_0596休憩所のモジャ

「おじさんに100点 !!」




すっかりファミリーで気に入った宮原フルーツ農園さん。


まだ払っていなかった料金を払うと

「え ! まだもらってなかったんだ・・・」と驚くスタッフさん。

あのオーナーおじいさん。実は若い頃にまだ誰もやっていなった さくらんぼをやるために

勝手にぶどうの木をすべて根こそぎ切って、さくらんぼ畑を作り

親に相当怒られたんだとか(笑)


ぶっきらぼうで、方言バリバリで、威圧感もバリバリなオーナーおじいさんだけれど

本当はすごく優しくて、動物好き。




さくらんぼ狩りはあと1週間だそう。

また来年も来たいなー !!




でも・・・見れば見るほど、教えてもらった優くんファミリーのさくらんぼ狩りの雰囲気と

ぜんぜん違うんだよねー。















鈴木ファミリーはブログランキングに参加しています。
ポチッと応援ありがとー♪
    ↓

ハウスのさくらんぼじゃ足りないと思われた ?






スポンサーサイト
trackback: -- | comment: 2 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。