viva

犬と行く 曼珠沙華 








今年も行ってきました。

秋を彩る妖しい雰囲気漂う、あの赤い絨毯を求めて。








DSC00610巾着田

埼玉県は、日高市の巾着田ダー !


・・・ええ、もちろん・・・














DSC00611やっぱり荒天

荒天ダー !


・・・ホント、お出かけで まともに晴れたためしがナイんですけど。

ムッシュ(夫)には、どこぞの山奥のすごい滝で 裸で清めてもらったらどうかと思うのよ。妻としては。

普段の休みだって雨ばかり。














DSC_1884彼岸花①

鈴木家は、今年で二度目の 巾着田の曼珠沙華。

お彼岸の頃に群れで咲くこの花は、どこか妖しい雰囲気を感じます。














DSC_8206彼岸花アップ

いろいろな呼び名がある曼珠沙華ですが

正式名称は「彼岸花」です。

曼珠沙華は、サンスクリット語からきたもので

「マンジュシャゲ」 「マンジュシャカ」が語源だとか。














DSC_8192彼岸花アップ②

開花期間が1週間ほどなのに、秋の彼岸と時を同じくするかのように開花する彼岸花は、

あの世とこの世が最も通じやすい時期に咲く花でもあるそう。














DSC_8234彼岸花④

そもそも、なんで春分の日と秋分の日に墓参りをするの?

・・・と、デキる妻 マダムは思いました。


この日は昼と夜の長さがほぼ等しくなるので、太陽が真西に沈みます。

極楽浄土(あの世)は西方にあるとされているため、

あの世とこの世が交わる日と考えられていたそう。

極楽浄土と最も心が通じやすい日なので、

先祖の供養をするためにお墓参りをするようになったんですってよ ! 奥さん !

やだわー ! またタメになるブログになっちゃったわー



ご先祖様と、最も心が通じ合う日・・・ならば、ぜひ、お願いせねば。


ぜひ、わが一族に巨万の富 と名声 をぉぉぉーーーー !! ご先祖さまぁぁぁーー !!














DSC_1901彼岸花とモジャ②

「大地が怒りに満ちておる」


・・・。














DSC_1908彼岸花とモジャ

「そなたの汚れた心にオウムが怒りに満ち、大地が真っ赤に・・・ !」






・・・真っ赤なのは、オウムじゃなくて曼珠沙華です。









続く。














鈴木ファミリーはブログランキングに参加しています。
ポチッと応援ありがとー♪
    ↓

風の谷のナウシカは大好きすぎて、ひとりで全役できるほどセリフも完璧です。
trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret