viva

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

6044日 







img_f66591654d83ac09b22737c0bf8f11e4f3019a06.jpg

母の誕生日旅行の新潟で、驚くほどご機嫌に動き回っていたノエルが

旅行に行って1週間後に突然、食事を取らなくなって3日目。

病院で精密検査を受け、その結果待ちをしていました。










20140721233230bc3 泳ぐノエル

食欲以外はとても元気で、何も変わらないノエル。

食事も、なんだか食べたそうにはしてるのに、口に入れるとモゴモゴしてからペッ ! と吐き出す。

「口の中が痛いのかな ?」 


水分は、いつも通り取ってるんだけどな・・・

旅行でハシャギすぎた。そうあって欲しい。

夫婦で同じ思いでした。検査の結果を まだか、まだかと待っていました。










img_eb091621ace3f83982dc88b705cea8763d88c61a.jpg

夕方、先生から検査結果の電話がくる。



「単刀直入にお話します。 ノエルさんの腎臓の数値が非常に悪くなっています。

病名は「腎不全」です。とても深刻な状態にあります。」




腎臓は、なかなか自覚症状が現れにくく

また早期発見は不可能であり、見つかっても完治は出来ないということ。

腎臓という機能自体が非常に脆弱な器官であるので、老犬には一番に問題が出るということ。

腎臓の70%以上がその機能を失った時に初めて検査結果に現れ

それまで機能を失っていても、正常に動くため ほとんどが長い間検出されないということ。

そして、一度壊れた機能は どうやっても治すことは出来ず 治療法はないということ。

ノエルの場合は、すでに腎不全の末期であり

末期症状の特徴として、食欲不振、下痢、嘔吐であるということ。

常にひどい二日酔いのように、気持ちが悪く 胃が荒れ、口の中も荒れるため

食事は一切受け付けなくなるということ。




・・・まったく言葉が出てこない。

食事を取らない以外は、何も変わらないいつものノエルなのに ?












2004.10 006_edited-1

「・・・鈴木さん ? 聞こえてますか ?」


先生の声が遠くに聞こえるような気がする。



「これは、誰のせいでもないんですよ。

ノエルさんのせいでも、鈴木さんご夫婦も、誰も悪くないんです。

ノエルさんの腎不全は、明らかに加齢によるものであると断定できます。

最近は、医療も食事も良くなって長生きするペットちゃんが増えています。

ネコちゃんは、特に20歳なんて子も珍しくなくなってきてます。

でも、ワンちゃんの16歳はなかなかいません。

ましてや、ノエルさんのように たくさんの病気を抱えながら大きな変化もなく

ここまで元気だったのは、やっぱり飼い主さんの力なんです。

だから、ノエルさんのためのこれからを一緒に考えましょう」


そう電話はしめくくられました。

ただ、ただ、ノエルを抱きしめて泣き続けるだけでした。


その日の夜から、ノエルの下痢が始まったのです。

食事を取らなくなって3日目の夜のことでした。










DSC_3858ノエ桜②

食べなくなって4日目。


翌日、仕事を終わらせ ノエルを連れてぶっ飛んで病院へ行きました。

会社から自宅まで1時間半、自宅から信頼できるかかりつけの病院まで更に40分以上かかることが

とてもイラ立たせました。

でも本当は、自分の無力さに腹が立っていたのかもしれません。



まったく食事が取れないノエルに、栄養補給と少しでも気持ち悪さを取るための治療をすることを決め

点滴をすることにしました。

①出来る限り通院して、皮下点滴をするか。 

②3日くらい入院してより効果が高い、静脈点滴を時間をかけてするか。


この二択を提案され、先生はもし入院を希望するなら早い方が良いと言いました。

知人のネコちゃんが腎不全で、1年近く透析をしていると聞いたことを思いだし、それを問うと

「ネコちゃんとワンちゃんの腎不全は、かなり違い、透析設備もあるが

飼い主さんの経済的負担がものすごいことと、なによりノエルへの負担も大きく

その性質上、機械をつけたら途中で止めることはできないし、

透析による効果と支払う金額は まったく見合わないし現実的ではない」と言われました。


夫は、入院させたほうがいいのかな・・・とつぶやき

私は、勇気をふりしぼって聞きました。


「先生、ノエルを診ていただいて、医師としての今後の見解はどうお考えですか ?」












20131114141904603_20140807121239b0e.jpg

長い沈黙を破って、言葉を選びながら言う先生。


「・・・獣医師として、この症例のワンちゃんは非常に余後が難しいと知っています。

この数値は本当に厳しいです。 今、元気なのが奇跡です。

急激に悪くなると思います。

・・・長くても夏は越せないと思います。 1週間から10日・・・でしょうか。」




頭をバットで殴られたようだった。


「入院はしません。毎日、通います。一緒にいたい」


そういうのが精いっぱいでした。

夫も、賛成してくれました。


ノエルが食べなくなって4日目の決断でした。 

たった4日で体重は3,7kgから 2.8kgにまで減っていました。










DSC03047_20140806155715a48.jpg

食べなくなって5日目。


目に見えて弱って行くノエルを見ていて、家族だけには知らせようと決心しました。

ノエルに残された時間が短いようですと、家族にSNSで伝えると

すぐ返信があり 驚いた妹も弟もすぐに会いに行くと言ってくれました。

母は、やはり手が離せない事情があり ただ、ただショックを受けていました。

5日目の夜の出来事でした。










201309092007329be_20140806160321f79.jpg

食べなくなって6日目。


昨日、知らせたばかりなのに 弟夫婦がノエルに会いに飛んできてくれた。

来る予定だった妹は、子供がウィルス性の病気になってしまい

来れなくなったと伝えてきたときは、本当に悔しそうでした。

「なんとか時間見つけて行くから !」 そう言い残しました。










20130909200730a2f_20140806160559540.jpg

姪っ子(妹の子供) とノエル



ノエルを家族に迎えた時は、妹は高校生で弟は大学生でした。

そんなふたりも、大学を卒業し、就職し、今は結婚して家庭を持ち、子供まで生まれています。

私たち夫婦には子供もなく、大きな変化もないまま、

ただ水が流れるように時が過ぎていたように思えていましたが

ノエルと過ごした16年という時の歴史の重さを改めて知りました。



相変わらず、まったく食事は取っていないため、痩せて力がなくなってたけど

寝ている姿はいつものノエルで、撫でられると嬉しそうにしたり、久しぶりに会う弟を目で追ってました。

「元気そうで、ホッとしたよ。ノエルがんばれよ」

そう言って弟は帰っていきました。




確かに元気そうで、嬉しそうにしていたノエルですが

この夜から、突然、2時間おきの激しい嘔吐を繰り返すようになりました。

何も食べていないので、まっ黄色の異臭のする胃液を吐くように。

夜が明けるまで吐き続ける姿は本当に辛そうで、

もうクビになってもいいから、使えるだけ有休を使おうと決める。

朝、会社に連絡し、義父が入院したとウソをついて4日間の有給を取った。












DSC00178病院

食べなくなって7日目。



朝一で病院にぶっ飛んで行った。

点滴をしてもらうとラクになるようで病院に行った日は元気になっていた。

2時間おきに嘔吐すると伝えると

「強い吐き気止め、使ってみましょうか」と先生。

本来、この薬は使わないという。使ってしまうと薬が効いているのか

体調が良くなっているのか、治療効果の判断が分からなくなってしまうからだと説明をされた。

でも、吐く行為は、すごく体力を消耗させるし、何よりノエルがツライだろう。

とにかくノエルの負担を無くしましょうと言ってくれた。


でもその薬を使うということは、回復は見込めないという状況に来ている証明なのだとも

いえるのだと、また泣き続けた。










DSC00213最後のショット


ソファの上がお気に入りで、食べなくなってからずっとここにベッドを作っている。

夜は、一緒に寝室で、いつもの場所で寝ている。

私や夫がそばに居ないと不安なのか、姿が見えなくなると

上半身を持ちあげて、私たちを探すようになりました。

やはり何を用意しても、食べ物は受付けてくれず

服の上からでも、背骨が容易に分かってしまうほど痩せたノエルの体をなでながら

食べさせちゃダメな人間の食べ物でもいい !! 食べてくれるならなんだっていい !

何か食べてくれないだろうかと、切実に願うようになった。














DSC00209水をのむ


弱った体で、ソファからピョーン ! と飛び降り、ヨタヨタと水飲みまで歩いていくノエル。

いつでも、すぐ飲めるようにと、ベッドの横に用意してある水飲みは見向きもしない。

でも、ここまで来たのに水を飲もうともしない。

私が器をノエルの前まで持っていくと、嬉しそうに飲む。

どんな仕草にも涙がこぼれて、こぼれて止まらない。

飲んだあとかなり長い時間、5分くらいこのポーズのままここにいて私をジッと見ている。

「ベッドへ戻ろうか」と抱き上げようとすると、嫌がりその場を動こうとしない。










DSC00211くれよ

もっと飲みたいのかと、器を近づけても飲まず、そのうち、ここでへたれこむ。

本当は、自分の力で飲みたいと思っているのかもしれない。

もう1週間も何も口にしていないんだもの、本当はすごくお腹も空いてるだろう。

本当は、なにか食べたいだろうな。

そう思うと 嗚咽が出た。










20121001145304ddc_20140806173631e1c.jpg

食べなくなって8日目。



この日の朝から、自力で水分を取ることが困難になり、

スポイトと吸い飲みで1時間おきに飲ませるようになった。

点滴をしてもらい、自力で水分摂取が難しくなったので

何か経口飲料で医療用のものはないか聞いたら、電解質サポート飲料の粉をくれました。


診察で、いつもなら「まず体重を量りましょう」という先生が初めて その動作を黙ってはぶいた。

体温も計らなかった。

私は何も言わなかった。

先生は黙ってノエルを優しくなでながら、聴診器を当てていた。

前日までは、診察台に乗っているのがイヤで聴診器を当て終わると

抱っこ ! 抱っこ ! とよじ登ってきていたのに、たった1日で もうその気力は残ってなく

おとなしく診察台に横たわっていた。

完全に後ろ足の肉が落ち、もう立ち上がれないほど痩せていた。

一通りの診察を終え、頭を持ち上げて先生の顔をのぞきこむノエルに

「ノエルさんは、本当に目がキラキラだね。16歳には見えないハンサムだ」

と言って頭をなでてくれた。


もう、点滴はやめようと思った。

点滴での回復にも、すぐに限界が来ると初めに言われていた。

通院を始めて5日、通院するだけでもノエルには負担だろうと感じた。

もう十分だと思った。

先生もきっと、同じことを思っていると感じた。 

でもきっと、どこまでしてあげるか、してあげたいかは飼い主にまかせているのだろうと思った。

病院の帰り道、車の中で初めて声をあげて泣いた。










20120914204146944 幕張ノエル

食べなくなって8日目の夜から寝たきりになった。

自分で体動できないので、2時間おきに体の向きを変えて、ひたすらマッサージを増やした。

吸い飲みでの水分補給もままならなくなった。

昨日までは、1日こどに急激に悪くなっていると感じたが

今日は、更に早いスピードで悪くなっていると感じた。

でも、苦しそうとか、辛そうという素振りはまったく見られなかった。

それが救いだった。










DSC00221最後のトイレ


そんなノエルが、夜にふと起きて、突然ソファを飛び降りた。 

びっくりした。 心臓止まるかと思った。

私の静止を振り切り、トイレのある方へ ヨタヨタと歩く。

でも、トイレの場所までは行きつけず、トイレのある部屋にギリギリ入ったところで

出ないウンチをするノエル。


・・・何も食べてないのに・・・何も出ないでしょう。

具合悪いんだから、垂れ流したっていいんだよ。

ノエルのことなら、なんだってするんだから !!

もう立ち上がる気力もないはずなのに、力を振り絞って いつものように行動するノエルの姿に

また涙が止まらなくなった。

この夜から、おむつをすることにした。食べなくなって8日目の夜のことだった。










20120905005508ccf_201408070135125c4.jpg

食べなくなって9日目の朝を迎えた。


この日は、私の有給最後の日だった。


昨夜の心配がウソのように 元気そうだった。通院をやめた。

歩く気力はなかったけれど、ちょっとそばを離れると 上半身を起して私を探していた。

リーフとハルが遊んでいるのを覗き込んだりしていた。


ずっと寝てばかりだったノエルが、この日は、ずっと起きていた。

夕方になると、抱っこをせがんでくるほどだった。

抱っこして、少し庭に出てみると シッポをバンバンと振って喜んでいた。

バラの葉っぱの匂いを嗅ぐ仕草を自ら見せた。

嬉しくて、嬉しくて、たまらなかった。

心配してちょこちょこ仕事中に連絡してくる夫もすごい喜びようだった。

「やっぱり点滴すると調子いいのかな ? 食べれるようになったら

A5ランクの和牛あげような !」 と夫。

・・・私だって食べたことないぞ。


いつもの明るい雰囲気が戻った。










20120905005508270_20140807015108876.jpg

母から連絡があり、明日は自宅に帰れるから、ノエルをみてくれるという。

安心した。

さすがに、これ以上 有休を引き延ばすことは難しかった。

今日は、だいぶ調子も良いみたいだし、明日 ノエルの大好きなお母さんに会ったら

本当にA5ランクの和牛が食べれるほどになれるかもしれない。

夫も同じことを考えていた。



この日の夜、リーフとハルがおもちゃの取り合いを始めたので

本気のバトルになる前にと、仲裁に入った。

ふと振り向くと、ノエルが私を追って すぐ後ろまでフラフラと歩いてきていた。

すぐ倒れそうになり、あわてて支えて、抱きしめて泣いた。


ありがとね、ありがとね。ちゃんといるよ。そばにいるよ。

ずっと一緒だよ。

聴こえない耳に、何度も言った。










201208071911526d3_20140807022331065.jpg

早朝、出勤前に母と会い 世話についての細かい説明をした。

やっぱりノエルはすごく嬉しそうだった。

食べれなくなって10日目。

やっとノエルは母に会えた。

「急いで帰ってくるからね !!」 そう言って家を出た。



やはり、仕事が手につかない。時計ばかり見てしまう。

午後13時。 母にノエルの様子を尋ねるメールをしようか迷う。

午後13時15分、 打ち合わせ相手が来たと連絡が入る。

何かあれば連絡があるだろう。あえて手を煩わせることもないだろうと

メールで連絡することを諦め、携帯の電源をサイレントにして打ち合わせへ向かう。

会社の壁掛け時計を見ると、午後13時20分だった。










img_5b79f6af13f578a1fa52dce5774a3d30a0ae4c0f.jpg

打ち合わせが終わり、トイレに駆け込んで携帯のメールをチェックする。


トイレで泣き崩れた。


「午後13時20分。 ノエルはレインのところへ逝ってしまいました。」

母からのメールが届いていた。










20140113194405f85_20140807024248162.jpg

食べれなくなって、ちょうど10日目。

7月25日、午後13時20分。 ノエルは大好きな母に抱かれて虹の橋を渡ってしまった。

16歳6ヶ月でした。



冷たくなったノエルは、まるで寝てるように安らかな顔だった。

痩せた体を抱いて、優しくマッサージしていたら

突然、足を突っ張ったかと思うと、眠るように息を引き取ったといった。

まったく苦しむこともなく、あっという間だったという。

最後までノエルらしく、ノエルのままだったと母。

妹は「ノエル、お母さんに会うまで待ってたんだね」と言った。










20140113194602a59_201408070259247a6.jpg

昨日まで有休を取っていたのに。


「だからよ。」 母が言った。

「4日間もずっと甘えられたんだもの。目一杯、4日間甘えて満足したのよ」



もう。言葉は出なかった。



あれを選んでいれば。これを選んでいれば。

分かっている。 2年前、突然レインを失った時にイヤというほど思い知らされた。

どれを選んでも、選ばなかった方を悔やむのだ。


そして、大切な家族を失った時よりも、その後のいつもの日常の方が

ずっと辛く、流れる涙も多いということもレインを失った時に知った。

居たはずの場所にいないこと。

もう染みついている、キミへのルーティン・ワーク。

「あ、居ないのか・・」と、クスッとしたかと思うと次には嗚咽に変わる。










DSC_3929 ファミリー

あっという間の10日間だった。

ノエルもレイン同様、私の手を煩わせることなく ほとんど介護は必要なかった。

駆け足でみんなに挨拶し、静かにいってしまった。










DSC00220_edited-1.jpg

ありがとう。出逢ってくれて。

キミが教えてくれたことは あまりに多すぎて。

これから先、キミのいない日々を うまく歩けるのか不安で仕方がないよ。

私を強くするのはキミだけど、弱くするのもキミなんだよ。










DSC_3403ビバ

一緒に過ごした6044日。

私は幸せでした。











ノエルを可愛がってくれたみなさん、ありがとー !




trackback: -- | comment: 14 | edit

コメント

頑張りましたね

こんにちは。以前、こちらにコメントを残したことがあるジャックラッセル飼いです。
ノエルさん、最後まで頑張りましたね。
実家のヨーキーも14歳で腎不全で同じような症状で2ヶ月の闘病生活を送り亡くなったので、
ノエルさんの10日間の大変さ、辛さがよく分かります。
今は元気な体に戻って天国で走り回っていると思いますよ。
辛いけど、たくさん泣いて、ゆっくりでいいので、元気になってくださいね。


幸子姫 #mQop/nM. | URL | 2014/08/07 14:37 * edit *

いつかは来るであろう別れって誰もが想像はしているんだよね…
でもね、現実とは思えない。
まだノエルくんが元気にリーフくんやハルくんがじゃれているのを
優しく見ている姿が目に浮かぶもん。
今はとてつもなく辛いと思う…私が辛いんだもん…
苦しいんだもん…
でも、ノエルくんはレインくんと一緒だもん。
きっと今頃やっと出会えたね、遅かったね~ってレインくんがノエルくんに
言ってると思うよ。

辛い時はいっぱい泣いて。
みんな心配しちゃうと思うけど、溜めないでね。

saya☆ #vQU5PwVA | URL | 2014/08/07 16:23 * edit *

ありがと マダム
ここまで 書くのに 大変だったでしょうに・・・
なんども なんども 涙を ぬぐいながら
なんども なんども 指が 止まりながら だったでしょうに・・・

ツラい時 悲しい時 
楽しかった頃の コトを 思い出しても
涙が 出ちゃうよね

彼らは ナゼに こんなにも 強いんでしょーね
痛かったら 苦しかったら 辛かったら 悲鳴でも 雄叫びでも
あげていいのに そんな醜態は ゼッタイ 見せない
それは まるで 私達を 心配させないためのように・・・
『ボクはダイジョウブ』 『ママ泣かなくていいよ』 『幸せだから』
ノエたんの お写真が そんな風に 言っているように 
見えるのは ワタシだけでしょーか

先代わんこが いなくなると 残されたわんこの 体調が 崩れると
耳にしたことが あります
チャンプーくん リーフくん ハルくん そして ムッシュ
まだまだ 暑い日が 続きますが お体 ご自愛 くだされね
そして マダム
一人きりで 通勤 されるのでしょ?
泣きながら ハンドル 握ったり されてるんでしょ?
どーか どーか 安全運転 でね

ワタシは ノエたんと 出逢ってから どれほどの 日にちが 経ったのでしょう
マダム・・・ワタシも 幸せ でしたょ
ホントに ありがとう

わがママ #- | URL | 2014/08/07 17:41 * edit *

ノエルは最後までキングだったね。
レインと一緒に家族を見守ってるよ

マダムとムッシュの子で
本当に良かったね。

ノエル…ありがとう

マダム…あなたは
愛情深くて無敵でパワフルで
素敵なお母さんだよ。


miwa #- | URL | 2014/08/07 19:42 * edit *

最期の一ヶ月間は 
鈴木家の皆さんにとって濃厚な時間にだったんですね。

寂しいけど、仕方がない事なんだよね。
涙が止まりません。

幸福な時間をありがとう。

おにぎりちち #- | URL | 2014/08/07 20:27 * edit *

ノエル。ありがとう。
どことなく権造に似ているノエル。
宮城で会った時に本当に似ていて控えめな性格もなんて思いましたよ。
マダムと夕方にちょこっと連絡とって
最近のマダム家事情チェック~と思ったら
タイトルに嫌な予感がして。
読み終えるのが怖くて。
それでも最後までムッシュとマダムに可愛がられて幸せだったノエルを本当に羨ましいと思いましたよ。
言葉が見つからず…うまく言えないけど。
本当に幸せな生活だったね!!
そして、やっぱり『ありがとう』しか思いつかないや。
ノエル。バイバイ。

ゴンタム家 #- | URL | 2014/08/07 20:47 * edit *

鈴木ノエルさま

お疲れさまでした。
あなたは鈴木家に来るべくして来たわんこ。
鈴木家を照らす一筋の光としたやってきたわんこ。
十分その役割を果たされましたね。
今、レインと共に穏やかな日々を過ごされていることでしょう。
マダムやムッシュのこと、そんなに心配することはないですよ。
おっと、「ぜんぜん心配なんかしてないよ」ですか。
そうですね、あなたか導いたハルやシャンプー・リーフがいるからね。
どうぞゆっくりお休みください。


マダムへ

何も言いません。
マダムがよく解っていることだから・・・

優母 #- | URL | 2014/08/07 23:51 * edit *

ご冥福をお祈りします。それ以外言葉が浮かびません。

Windyママ #- | URL | 2014/08/08 07:00 * edit *

幸せな犬生だったね。いや、マダムが幸せな時間をもらったんだね。
うまく言葉にできなくてもどかしい。
ノエルさんが大好きだった。
今はいっぱい泣いてね。

みき #cWcd8Id2 | URL | 2014/08/08 12:47 * edit *

マダムのブログが大好きです。
面白くてためになって愛情たっぷりでゲラゲラ笑えるけどホロリとさせられたりもする。
そんなワンコライフの始まりのワンコ、ノエル君。
ノエル君、マダムのうちの子になってくれて本当にありがとう。
こんな素敵なブログが生まれたよ!
ツヤツヤの黒い毛並とキラキラの大きな瞳を忘れないよ。
とっても寂しいけどブログで又会えるから大丈夫!

マダム、言葉が見つからない。
ただ、書いてくれてありがとう。
私達にもノエル君とのお別れを知らせてくれてありがとう。
少しでもマダムの悲しみが癒されますように願っています。

アミタン #- | URL | 2014/08/08 17:59 * edit *

はじめまして!

マダムの写真と文章が好きでいつも見に来ていました。

涙が止まりません。。。

ノエル君安らかに・・・。

らぶかあしゃん #- | URL | 2014/08/09 00:30 * edit *

何度も読み返して、その度に涙がこぼれ
この気持ちをどう言葉にしたらいいかわからず
ただただウチの犬を撫でてます。

マダム、ありがとう。
つらいのにちゃんと文章にしてくれたこと。
あらためてノエルくんの生い立ちから最期までを知ることができました。

マダム家とムッシュの家族になってからのノエルくんは
よろこびばかりだったと思います。
うらやましいくらいに愛されてたんだもん。

マダム、元気だしてね。
姿は見えなくなったけど、レインくんもノエルくんも
あなたの傍でニコニコ尻尾振ってるよ。
あなたを守ってます。



どすこい母さん #O2TPz6z6 | URL | 2014/08/09 11:40 * edit *

虹の橋を渡って
でも一人じゃない
レイン君が迎えに来ているでしょう
これからはずっと一緒
弟たちを見守ってくれるのね

ご冥福をお祈りします

ベルママ #- | URL | 2014/08/10 14:35 * edit *

先日ノエル君の記事を読んで
涙でコメントが書けませんでした...
これからはレイン君とお空から見守って
くれると思います。
こんな言葉しか書けませんが
ご冥福をお祈りします

momo #- | URL | 2014/08/11 17:05 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。