viva

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

犬と行く 東北旅 ファイナル 








可愛い寒立馬、ずっとここに居たいけど

ここに住んでも良いくらいだけど

涙のお別れです。



涙を流して車に乗り込み帰路につこうと走り出した時ですっ・・ !!

「なにあれ !! プレーリードッグが走ってるっ !!」

と叫びブレーキを踏むマダム。

「カメラ持って、走れ !!」

と、ムッシュ(夫)に指令。

「わかった !! ・・・けど、どこ ?」


・・・本当に使えないなー。










DSC_2296謎のアニマル

なにあれっっ !!


突然出て来た、謎の毛むくじゃらに歓喜乱舞。










DSC_2300謎のアニマル②

・・・イタチ ?

・・・・にしては、太ってない ?










DSC_2302謎③

なにあれーーーーー !!


ハクビシン ? とは、違うよなぁぁぁ










DSC_2306謎 飛ぶ

と、飛んでるぅぅぅーーー !!










DSC_2369驚くハル

「ふおぉぉぉぉーーーー」


・・・ハルも謎のアニマルに釘づけ。










DSC_2370なにあれ

「なにあれ、こわい」


めっちゃ不思議顔。










DSC_2322リーフ似

・・・リーフっぽい。










DSC_2326謎の鼻

鼻、ながーーーーい !!










DSC_2328謎かわいい

か、かわいいーーーーーーー !!


調べたら、「ニホンアナグマ」のようです。

こちらでは「ムジナ」と呼ばれているとか。










DSC_2325疑死

死んだフリをするニホンアナグマ。


アナグマの特徴のひとつ「偽死」。

この死んだふりは、仰向けタイプや横向きタイプ、うつ伏せタイプと

個体や状況によって死んだふりタイプはバリエーションがあるようです。


・・・キミはうつ伏せ系なのね・・・










DSC_2313謎 顔

「ちっ、引っかからないか」



ふふふ。ねばることなら負けなくてよっ !!


「同じ穴のムジナ」ということわざがありますが

そのムジナが、このニホンアナグマのこと。

穴を掘って巣穴で生活するのですが、穴を掘れないタヌキがアナグマの巣を横取り

タヌキが寝ていることも多く、それを見た人間たちが

タヌキとアナグマを長い間、混同してしまい

「悪さをするタヌキ !!」 と、同一視され間違えられていたという歴史が。

「一見違っているように見えるが、実は同類である」と言うことのたとえとして

主に悪い意味で用いられることが多いんだけど・・・










DSC_2335排水溝①

排水溝に逃げちゃった。こちらをジッと伺ってるよ。




悪さをするタヌキと一緒にされちゃったけど

本当は、田畑を荒らすことはそうは無く

極端に視力が悪く、発達した鼻を頼りに生活し

よって、同じケモノ道だけを使うので 住宅開発や道路建設で

その生活範囲を破壊され、事故で亡くなるコが後を絶たないそう。










DSC_2336 排水溝②

可愛い顔してるぅ♪



繁殖能力も低く、在来種である「ニホンアナグマ」の数は減る一方で

自治体によっては絶滅危惧種に指定されているそう。

「タヌキ汁」と呼ばれるものも、実はこのニホンアナグマなんだそう。

食べるとその肉は美味しいといことで、乱獲された背景も。

本当のタヌキの肉は不味くて食べれないそう。

ニホンアナグマの肉は美味しく、毛は筆にするととても良い。



視力が悪くて、同じケモノ道を使う。泳げない、木登り出来ないアナグマは

格好の猟のターゲットに。

生息密度が低く、宅地・道路開発で住処やエサ場を奪われると

新しい生息地を作ったり、適応できない。

繁殖能力も低い・・・










DSC_2339排水溝 またね

驚かせてごめんねっ たくさん子孫増やしてねっ


調べたら、とても切なくてたまらなくなった「ニホンアナグマ」。




自分に被害が及ばない範囲では、

「自然(動物)との共生」環境問題を大きく叫びますが

直接自分に被害が及ぼし出すと豹変します。


人間だって、旧住民と新住民とでその生活共生に軋轢がある。

誰が侵略者で破壊者なのか。 

とてもデリケートで難しい問題です。


すべての物事は多面性。

その時、その時に思いやりを忘れないでいたい。

迷うたびに捨てた答えも、

また選ぶ日が来るかもしれない。


寒立馬もニホンアナグマも、考えさせられる出逢いだったなー。



ちなみに、「アナグマ」を狩るために作られた犬種が

ダックスフンドです。

・・・ノエル・・・すっごい喜んでハントしたろうな・・・。(危)










DSC05940またね東通村

また来るよー !! 東通村 !!










DSC_2390風力 ①

うぉぉ !! 風車 !!










DSC_2398並ぶ風力

岩屋ウィンドファーム。



帰り道に通った風力発電の町。

ここも、じっくり見たかったなー。










DSC_2392風力とリーフ

「ほほう ! すごいねっ !」



・・・・ジャマだよ。











touki.jpg

1月から3月までは、「アタカ」という場所に放牧される寒立馬。

もちろん見学可能です。

ぜひ、行きたい ! 雪の寒立馬の写真が撮りたい ! 

とムッシュと盛り上がりましたが・・・


本物の超豪雪地帯。

絶対、運転できねぇ~







下北半島ツアーこれにて終了。

往復7時間、滞在時間 トータル1時間半。

・・・なんだこの弾丸旅。

でも、楽しかった !!













ダメ嫁、全開してみたお ! 涙でクリックしてね !


・・・疲れた。旅も記事も。

trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。