viva

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

犬としゃぼん玉 








DSC_2629 しゃぼん

ノエルが虹の橋を渡ってしまって4ヶ月。

ノエルが使っていたモノを手に取って見返していると

ちょうど10年前のノエルの誕生日に買った

「犬に優しいしゃぼん玉」

というモノが出てきました。










DSC06345 しゃぼん追いかけるハル

ノエルとしゃぼん玉の写真が撮りたくて買ったことを思い出した。










DSC_2632ハルとしゃぼん①

ハルは、初めてのしゃぼん玉に不思議顔。










DSC06394しゃぼん見つめるハル

どうしていいか分からない。










DSC_2724ハルしゃぼん②

「なんだろー」










DSC_2726ハル しゃぼん③

「どーしたらいいんだろー」










DSC_2772しゃぼん食う

「食ってしまうのさー ! おりゃー !」


・・・食うなよ。










DSC06406しゃぼん見つめるモジャ

同じ環境で、同じように育てていても

性格は本当にそれぞれです。










DSC06414テリアしゃぼん①

「三つ子の魂、百までも」

と言いますが、犬にも当てはまるのだと身を持って痛感。










DSC06415テリアしゃぼん

「食うしかねぇー !!」


・・・だから食うなって。



三つ子の魂・・・ってことは、犬は1年で7歳年を取るのなら

リーフと出逢った時には、すでに性格は形成されてたんだな・・

ということは、育ての親には、なんの責任もないんだよ。










DSC_2650しゃぼんとモジャ

10年ぶりに吹く「しゃんぼん玉」は

ぜんぜん膨らまなくて、ひとつしゃぼん玉作るのに

腹筋崩壊するほどの体力使いました。










DSC06364しゃぼんハル

・・・「犬に優しいしゃぼん玉」は

10年の時を経て、「犬に優しくないしゃぼん玉」になったような気がします。













育ての親に多いに問題あるんじゃね ? はクリックで


しゃぼん液、腐ってた?

trackback: -- | 本文: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。