viva

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

犬と行く 真田神社 






お城ファンが選ぶ人気の城、ナンバー1の上田城。










DSC_6315神社案内

その上田城址の中に、真田神社があります。










DSC09316神社石碑

上田城の人気を支えているのは、この真田神社と言われるほど

すごい人が訪れる神社です。










DSC09315真田神社 鳥居

もちろん、わんこOKです☆

マナーパンツをはいての襲撃です。

日中は人がごった返しているそうですが、早朝7時なのでほぼ貸切。

早朝ってスバラシイーーーー !!










DSC09319茶室

境内にズラリと並ぶ、樽のような建物。

これ、茶室だそう。 風流だねー ! 粋だねー ! 最高だねーー !!

信州だからねっ ! やっぱり信州味噌の樽なのかねー !!

と思ったら。

岡崎酒造さんが提供したものだそうで、味噌ではなく、酒樽だそうで。

真田家とどんなつながりが…?!と興奮抑えきれず社務所で確認したところ

「特に関係はないよー」とのこと。


・・・歴史ロマンも好きだけど、こういうのも好き。










DSC09326真田本殿

真田神社・本殿。




真田・仙石・松平の歴代の上田藩主を祭神とする神社です。


白く写っているのはゴミではありません。雪です !!

マダムのカメラにはフラッシュが無いので、雪を撮ることが出来ないのです。(言い訳)


本殿の幕には、

「五三の桐」 (松平家の家紋)

「六文銭」  (真田家の家紋)

「永楽通宝」  (仙石家の家紋)

が御神紋に。


まったくの無神論者・マダムですが、最近やたらと神社が気になります。

その由来や御神紋、言伝えを掘り下げると本当に面白い。










DSC_6357桜と灯篭

桜と灯篭。


灯篭ひとつにも、いろいろな意味や逸話があったりして

「ええ ? それホントに信じてたの ?」みたいな

その土地、土地での神話が楽しいです。










DSC09358真田神社看板

元々は、明治時代に「松平神社」として建立されたそうで

上田城=真田氏というイメージが定着して、真田神社と呼ばれるようになったんだとか。

・・・松平さんも治政、頑張ってたのにね。










DSC09340真田本殿②

幸村のお父さんでも、お兄さんでもなく

やはり幸村なんだよね。

何度も言うけど、本名は信繁だけどね。










DSC09355真田提灯

信州ならではの風土に提灯が痛まない工夫が。










DSC09359神社の中

拝殿には、幸村公の肖像画。


最近の戦国ゲームのキャラクターは、それはみんな美男子でカッコイイ。

セリフの言い回しなんて、ゲームなのに悶えちゃう。

そこから火が付き、人気が出た戦国武将も多く

今では「戦国ヒーロー」という言葉まである。

真田幸村なんて、若い女性に大人気なのもゲームキャラクターの影響が大きいと思う。




・・・でも、幸村は実はとても小柄で美男子という部類とはチョット違ったみたいだけどね。










DSC09324でか兜

巨大な赤兜。


真田幸村というと、この「赤備え」が有名。

赤備えは、鎧兜はもちろん旗や馬具までもが赤色に染められた精鋭部隊です。

当時赤は高級品である辰砂で出されていて、戦場でも特に目立つため、

赤備えは特に武勇に秀でた武将が率いた精鋭部隊である事が多く、

後世に武勇の誉れの象徴として語り継がれたのです。


戦隊モノでも、「赤」がリーダー的存在だったり

ガンダムのシャー・アズナブルの「赤」に妙に惹かれるのも

古来より日本人精神に組み込まれているんだろうねぇ~










もじゃ神社

我が家の「レッド」も兜の大きさに驚愕。










DSC08608精鋭

「赤い戦闘服は、選ばれし精鋭部隊の証し・・・」




・・・いや、キミのそれは違う。










DSC09352真田絵馬

絵馬はもちろん真田の「六文銭」



自分たちの10倍の数の敵を、2度も打ち破り

幸村・最期の戦いとなった「大阪・夏の陣」では、あの猛将・島津が


「三度目に真田も討死にて候。真田日本一の兵、古よりの物語にもこれなき由。」


*三度目には幸村も討死したが、真田の兵は日の丸いちのつわもの。

兵の勇猛さは昔話にも聞いたことがないほど見事なものだった。

と、手紙をしたため。

あの家康も圧倒的な軍勢で立ち向かうも3度破れ

ある戦いで「真田が攻めてきた」と聞き

「親か ? ! 子か ? !」 と聞きながら、手を掛けていた障子がガタガタ震えていたという記録も。


僅かな手勢で、圧倒的な敵を打倒した幸村は、「知恵の神様」と崇められ、

上田城が落城しなかったことから「落ちない」にひっかけ御利益は「合格祈願」「学業成就」だそうです。


幸村ばかりがクローズアップされますが、お父さんもすごい人だったんだけどね。










DSC09349真田井戸

神社の脇の小道を入ると、そこには「真田井戸」が。



とても大きな井戸で、実はこの井戸、抜け穴があって城北の太郎山麓の砦に通じていたとか。

敵に包囲されてもその抜け穴より兵糧を運び入れるにも、城兵の出入りにも不自由しなかったとか !!


真偽のほどはさておき、真田家ならありそうと思わせるのも歴史ロマン。










DSC09373上田の桜

真田神社の桜も見事。



真田家がここ上田藩主だったのは 親子三代合わせても40年くらい。

なのに、これほど地元に愛され たくさんの人が押し寄せるとは・・

今の時代も、「真田、恐るべし」と思わせました。



お友達のベルママさんも言ってましたが・・・

「上田、最高 !」です。

見どころたくさん。歴史もたくさん。美味しいモノもたくさん。

そして、やっぱり長野は人柄が最高です。

犬連れで、どこに行っても温かく迎えてくれて大好き !!



本当はもっと上田城や真田神社の写真や戦国うんちくを語りたかったけれど

このブログにそんなモノは求められていないので

大きく割愛。















えっ ? ぜんぜん割愛されてないんですけど? のクレームもクリックで !


マダム的には非常に物足りない



trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。