viva

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

犬と歩く 小熊山 









11月の初め、夏休みを取りました。

・・・11月だけど、夏休み。

で、夏休み取れ取れ ! 言う割には11月の公休が削られてるという悪のスパイラル。

「それ夏休みじゃねーじゃん !」

夫婦で会社がブラック過ぎて、もう何がなんだかね。

で、長野へ。



・・・またかーい !!

今日も頭のイカレっぷりが絶好調です ! マダム鈴木です。



長野県は北西部にあり、立山黒部アルペンルートの長野県側玄関口として有名な

長野県大町市へ。










DSC08290小熊山

「犬と歩くのにオススメですよ」

と白馬のペンションに泊まった時にオーナーに勧められてから

とても気になっていた「小熊山」へ。










DSC08296小熊スタート

「さぁ、行くぞ !」


さすがチーム若人は息が合うようで、ノリノリ。(ハルとムッシュ(夫) )

チーム初老は、モタモタですよ。(リーフとマダム)

・・・若さってスバラシイー。(棒読み)


舗装道路の林道です。せめて未舗装だったらいいのにー

アスファルトは足腰に来るのよー。初老には来るのよー。










DSC08327入口②

林道を1時間ほど歩いて、トレッキングコースへ。

むーん !! これこれ ! この雰囲気ですよーーー !!

テンション上がるわー。

すでに息も上がってるけどねー。










DSC08331山犬

ネイチャー案内犬。 本領発揮。

平日の朝7時。まったく人がいない。

朝陽を浴びる山の中は気持ちいいーーー !!










DSC08377同じ歩幅で

同じ歩幅で歩く 山の道。










DSC08346案内犬

落ち葉でフカフカの道を歩くのは、人間だってすごく感動で楽しいんだから










DSC08339森のにおい

いつも直に、その足で地面を歩くキミたちには

どんな楽しさを感じさせてるんだろー










DSC08432通れない

「大変 ! 通れない !」


突然、行く手を阻まれたり。










DSC08457通れない②

「ぜんぜんダメです ! 通れません !! 」



・・・いや、キミたちは普通に通れるだろう。

なんのための短い足なのかね。

なんのためのシャコタンなのかね !!

というか、その倒木はキミたち目線よりずっと上なんじゃないのかね。


「ホーラ ! ここ ! ここをこうやってくぐれば良いんだよぉ♡」

と、オーバーリアクション&実演で教えながら振り向くと











DSC08462通れた

「抱っこー ! 抱っこ― !」



・・・おい、野獣よ。 

いつから、そんなコンパに参加している女子のようなスキルを身につけた。











DSC08468小熊山の眺め

展望ポイントからの眺め。

眼下に見えるのは木崎湖。紅葉と湖のコラボに キャー !!










DSC08472眺め②

山岳ファンが集まる、アルペンルートの入り口の町。

本当に見事な山々に囲まれてるんだねー !

すごーい ! すごーい !



と、ひとしきり感動して悶絶し、、、ここでUターンします。

ここからが見どころ沢山のトレッキングコースですが

ここから更に険しくなり、犬たちも素足ではちょっと難しい。

そして、スタートの駐車場で山を目の前にウキウキしすぎて

ストックを車に忘れてくるという失態 !

小熊山トレッキングコースは一日かがりだそうで

鈴木家の足だとタイムオーバーどころか遭難しちゃうよ。


ということで、ヘタレな鈴木家には この程度で大満足なのです。










DSC08351並ぶおしり

オシリがルンルンしてる。










DSC08401どっち


トータル3時間の山歩き。

遭難しなくてよかったです。













やっつけ記事、発動してますね。


今年もあと1ヶ月なんだもん !







trackback: -- | 本文: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。