viva

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

犬と行く 青い渓谷 








世の中は、テクニック次第で超長期休暇が楽しめた今年のゴールデンウィーク。

もちろん鈴木家には、そんなキラキラしたモノはございません。

でも、キラキラしたいの ! だって女の子だもーん !

ということで、とっくにゴールデンウィークが過ぎた5月中旬。

キラキラ旅に行ってみちゃった !!



ジャック友達のkulalaちゃんとLidoちゃんから教えてもらった場所。

いつもステキな所にたくさん行ってて、指をくわえて見てたんだけど

意を決して念願の場所へーーー ! うおぉぉぉーーー !!

だって片道6時間越えなんだもん。 ワイハー行けちゃうよ。

ムダにテンションと気合多めで行かなきゃ、やってらんねーっつうの。













DSC_0298気温

この日の気温13度。


旅の前日、千葉りーひるずの気温は26度。

5月に入った途端、いきなり夏日続いたりで暑さにうんざりしていたけど

13度・・・最高だ !!

寒い・・・けど幸せダーーー !











DSC06535森林鉄道①

6時間越えの運転に身も心も疲れきった頃に見えたのは

「森林鉄道」

深い森の中のトラス橋すーてーきーー !!

この森林鉄道はもちろん廃線跡。













DSC06529朽ちたレール

古の時を思わせる朽ちた枕木



林業が盛んだった地域で、森林から生産される木材を搬出するために設けられた

産業用鉄道「森林鉄道」。 


昔、日本にはたくさんの森林鉄道がありましたが

ここの森林鉄道は日本最古のモノで明治34年に敷かれ

昭和40年に林道が整備されトラックに取って代われ廃線となりました。

林業遺産に認定されてるそう。











DSC_9873森林鉄道②

深い森へ続くトラス橋。


実はこの森、皇室所有の御料林だったそう。

木材だけでなく、御料林で働く人たちの塩や味噌も運搬してたとか。

今は国有地になっていますよ。












DSC06947レールりガードレール

ガードレールが廃線のレール !!



すーてーきーーー !! キャー !

今や何かと話題を集める鉄道オタク。知り合いの鉄っちゃんに話したら

「林鉄 !! あそこ行ったのに廃線歩きしなかったの ? バカじゃない ?」

と、全力で言われました。

とても貴重な廃線路だそうで、ワクワクいっぱいだそう。

「・・・それ、違法じゃないよね ?」と聞いたら本気で首絞められました。

違法じゃないそうです。

・・・くぅぅぅ。次は廃線歩きするぞ !! (するんかいっ)

でも、老朽化が激しく立ち入り禁止区域も多いため、遠回りも多く

だいたい5時間は歩くと言われ「それまで体力つけとくよ」ということに。

・・・下調べとか事前情報ってやっぱり大切よね。

と思ったミセス・思いつき・スズキ。











DSC06551はじまり

さあ、キラキラの旅 はじめましょうか。











DSC06571覗くふたり

「うわあああーーーー !! すっごーーーい !!」



いきなりテンションMAXで叫ぶムッシュ(夫)。











DSC06646犬帰りの淵

素晴らしいブルーの渓谷



「犬帰りの淵」です。

もちろん今はこうして橋が架かっていますが

昔、猟師が犬を連れてこの淵まで来たところ、断崖絶壁に恐れをなして

犬が引き返し、何度来ても渡ることが出来なかったことから名付いた淵。












DSC06556 これが

「オレなら楽勝」


と、ネズミ捕り犬が申しております。

さすが ! 荒野の悪魔 !

*ノーフォークは原産国のイギリスでは「荒野の悪魔」と言われています











DSC06558覗くリーフ

この素晴らしいブルーがちゃんとリーフにも見えているのかな。



「愛犬家」という言葉が普通に聞こえてくる今ですが

最初は自分の犬だけが可愛い~ !! と思う人も、

やがてその犬種全般を愛するようになり、

そして時間を置かずにして、犬種を超えすべての犬全般を愛するようになり

最後には犬に関係するものなら、もうなんでも好きになるし心が奪われる。

So ! マダム持論の愛犬家。 だけど、絶対みんなそうだよね。

「犬帰りの淵」 超感動です。



さあ、素晴らしいブルーに降りてみますよ !! キャー !!











DSC06696降りるの大変

自然が素晴らしい渓谷ですが

川への道は道なき道で、デンジャラス。











DSC_0184すばらしい青

パーフェクト・ブルー !!



もう感動で泣きそうです。

1年悩んで、やっと来たけど来た甲斐ありました。(号泣)

6時間越えの運転なんて、たいしたことないわっ !

クラリドちゃん、本当にありがとう !! 











DSC_9990素晴らしい遊び場

素晴らしい遊び場 !!


ハル大喜び。












DSC06720リーフと青

リーフもすごく嬉しそう。












DSC_0174訴えるハル

「川にボール投げてよーーー !! 」




訴えるハル。

・・・ボール投げて川遊びしてあげたかったけど

穏やかそうに見えるブルーの川。

実はかなり流れが速い川でしかも水温が・・・凍りそうなほど冷たい !

白馬の川より、遥かに冷たい !! さすがの脂肪クィーン・マダムもムリな水温。

3分と入っていられない。

・・・しかも、この日も雨だったんですよ。(もう鈴木家ではお約束)











DSC_0216考えるハル

ごめんね。ハル。



ブルーの強いキレイな場所で泳がせてあげたかったけれど

かなり深い。 2メートルくらい水深ありそう。

今度は浮き輪とフロートコートも忘れずに持ってくるから。











DSC_9939顔潜水

エンドレスで顔潜水











DSC_0118三人で

村のほぼ全域が渓谷になっている秘境。




気温10度の雨の中の川遊びだったけど












DSC06619笑顔リーフ

キミたちと来れて本当によかった。











DSC_0226遠目ハル

「帰りたくない」











DSC06911また来ようね

「ぶくぶくぶく・・・・」



帰るよ !の声に聞こえないふりして、ずっーーと顔潜水。















また雨かよーー ! のクリッーク !


晴れてたら、どんだけすごいブルーなのかな。



trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。