viva

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

雪に埋もれた追憶のゲレンデ 




今シーズン最後の

犬と行く 白馬スノーシュー。


第一ピークの雪に埋もれる鳥居を出発し

最後の頂を目指します。











DSC09379山犬

緩い上りに見えるけれど

ここからが難所続きだった・・・








犬ランキング






DSC09436斜面のこぐま

「しゃらん・らーん♪」



教えてもいない急斜面の歩き方を知っているかのような

ジグザグ歩きで悠々と登り

見事なトレース(踏み跡)を残す小熊。

飼い主はゼェゼェです。

・・・待てよぉぉ ! こぐまぁぁぁー !!











DSC09319五龍

道が開け、展望も開けてキター !











DSC09334すれ違う気持ち

「絶景の五竜岳ダァーーー !!」


と、感嘆するムッシュ(夫)に

「ハイハイ。絶景。絶景。」

と、マダムの職場の後輩のような態度を露わにする

ずんぐりむっくり。











DSC09339催促

「絶景は分かったから早く行こうぜー」



・・・無言のプレッシャーをかけてくるチンピラたち。












DSC09446稜線

杉並木の稜線を歩く。











DSC09489あとすこし

ひたすら登る ! ただ、ただ登る !

ゴールは近いんダッー !











DSC09553若造

ハル 「ゴールは目の前だぞ」



・・・おい。若造。

その4本もついている足は飾りなのかね ?

今、力を出さないでどこで出す気なんだ。


目の前に見えていたゴール。

登りきったら、ゴールの前に谷があった。











DSC09500廃墟

「ゴォォッーーールッ !」



目的地に到着。

これが見たくて、このコースを組みました。



1962年にオープンした、白馬最古のスキー場です。

村が一丸となって建設に力を注いだスキー場ですが

白馬の良質なパウダースノーに目を付けた企業の進出で、

アクセスも設備も良いスキー場が増え

47年前に廃業したスキー場跡です。




時代の波にのまれ、赤褐色に変色したリフト。

47年の時を経て、ただただ胸がいっぱいです。











DSC09524ひる

胸はいっぱいでも、お腹はペッコペコーー !!



雪中ランチはラーメン。

山で食べる食事は、高級フレンチより美味しいわーー !!












DSC09529お疲れリーフ

「高級フレンチ、食べたことないじゃん」



・・・そうでしたね。











DSC09511山頂から

白馬岳から鹿島槍に続くアルプスの峰々




47年前の追憶のゲレンデから望む景色

キミには、どんな風に映っているのかな。














DSC08347迷う

「うーむ」


実は、最終ゴールからペンションまで帰るルートで遭難しました。

(写真は脱出後のモノです)


・・・遭難は大げさですが。

47年前に廃墟になったスキー場は、すでにコースの面影はなく

もう立派な森になっており、ルート工作に至難。

なんとなーく、うっすらと残るトレース(人が歩いた踏み跡)に

引っ張られたのが失敗。(初心者にありがちな致命的ミス)

うっすら残されていたトレースは、おそらく地元の人。(= 技術的にもプロ)

GPSを活用してルート工作するけれど、経験のない難所続きで

「判断に迷ったら、すぐ元ルートに戻るが鉄則だよ !!」

と先を進めたがるムッシュ(夫)を チカラ 愛でねじ伏せて

遠回りだけど、結局、来た道で帰ることに。











DSC08342脱出

「脱出 !」


無事、登山道入り口に出れて一安心。


ペンションのオーナーさんと、再度、じっくり地図で確認したけれど

ムッシュの選んだルートは、方向的には間違っていなかったと。

でもやっぱり犬連れだしね。 

人間だけならステップアップの挑戦もアリかもだけど

途中、アイゼンないとキツイ場所もあったりで

体力の消耗がハンパなかった。

もしもの時に、夫まかせでなく、自分でも犬を守れるかと考えると

体力的にも装備的にも自信がなかったマダムには

来たルートを戻ってもらえてよかったです。

事前に何回も何回もルート計画と確認をしても

改めて、山は怖いと勉強になりました。











DSC09533スノーシュー


トータル5時間の犬と行く 雪山。

「こりゃ、傑作の嵐だな。個展開けるかもな」

と篠山紀信と呼んでくれとムッシュに豪語し

恐ろしいほどシャッターを切った写真たちはボツ写真の宝庫で

カメラをぶん投げて、踏んづけて、蹴っ飛ばし

「私をグーで殴って !」とムッシュに言いたくなるほどの結果でしたが

道々のすべての景色が感動的でした。















終わり良ければ、すべて良し !のクリッーク !



まだ雪ネタつづくよ♡

trackback: -- | comment: 4 | edit

コメント

インスタ、見てます。
シルバーのトイプー、ラフの飼い主です(わかります?)
白馬、我が家もご縁があって大好きなのですが やっぱりなかなか行けないのと
ワイルドに過ごしたいという願望はあっても
・・・願望でおわっているので(笑)
鈴木ファミリーの旅行記見て 消化してます(*´ω`)

しかし写真綺麗ですよー!!
1万枚・・・選ぶ作業の大変さはお察しします・・・(;´∀`)
山もほんと綺麗ー!!
見せてくださってありがとうと言いたいです❤

味付きのシャボン玉、ポチりました笑
全然普通の公園で怪しげに吹いて撮りたいと思います・・・( *´艸`)

ラフママ #- | URL | 2017/03/21 08:05 * edit *

無事のご帰還、ほっとしました。
雪の女王、マダムエルザでも遭難しかけるとは。。。。
自然は綺麗で素晴らしくって引き寄せられちゃうけど、
ちょっとの事で、命取り!危険!になっちゃうんですよね。

私も若かりし頃、海で、ウミガメ追いかけて泳いでいったら
(アホよね~カメについていける訳ないしっ、でも、マダムも行っちゃうでしょ?)
おっそろしい事になってしまって。。。
それから自然のお誘いには、ある程度の所でお断りする事にしました。
人間なんてちっぽけすぎて、自然にはぜ~ったい勝てない。
地球っていう素晴らしい所に、人は住まわせてもらってるのにねぇ~
感謝が無いわ!と、歳をとるごとに思っている私って、もう死期が近いのかしら??

写真って難しい事はよくわかんないけど、
私はマダムの写真は素敵で、と~っても好き☆
で、個展の開催はいつでしょう??
フォーエバーなフレンズは、どこでも駆けつけるでござりますわよ♪

あずきち #4lVXx5R2 | URL | 2017/03/21 10:00 * edit *

●ラフママさん

モチローン !! わかりますともー !
ラフくんの事ならラフママより知ってるくらい見てますから。(笑)
こちらにまでコメントくれて歓喜乱舞ぅ~♡

白馬・・・遠いよね・・・
ご縁があるなんて羨ましい。そのご縁ください !!
もし我が家もシャンプーしか居なかったら、白馬には早々行かなかったと思う。
というかワイルドな旅人にはならなかったよねと、よく夫婦で言ってるよ。
やっぱり犬種の特性って大きいよね~

ラフママもフォトグラファーだから1万枚の大変さ分かってくれるよね ? 
インストールしただけで、もうパソコン開きたくなくなるのよ(笑)
それにしても、ラフママの写真は上手いねぇぇぇぇ
シャンプーも、カメラ向けるとすぐシジミ目になっちゃって
んあああーー !!と発狂してたのを思い出してウルウルしてました。

私にとって、ラフくんの写真を見るたびに
亡きシャンプーを重ねて「こんな風に出かけたかったなぁ」と思ってます。

シャボン玉は水で薄めると割れやすくなるので注意です(笑)
どんなステキ写真になるのか今から楽しみ~♡

マダム鈴木 #RuBj8cxQ | URL | 2017/03/22 23:59 * edit *

●あずきちさん

「自然は綺麗で素晴らしくって引き寄せられちゃうけど、
ちょっとの事で、命取り!危険!になっちゃうんですよね。 」

ホント、ホント。この通りです !!
本物の山屋には「おいおい、こんなんで遭難なんてあり得ない」
というレベルの山なんだけどね。

・・・っていうか、ウミガメは追いかけちゃうよね。
そして、ウミガメって水族館以外で見れるって経験まずないよね。(笑)
どこに住んでるのおぉぉぉーーー !!
ま、まさか・・・ガラパゴス ? (笑)


自然への感謝。本当にその通り。
自然の一番の破壊者は人間なんだよね。
「もう死期が近いのかしら」には大爆笑しちゃった !!
ちょうど、この白馬の山でやたらと感動して自然への熱い想いを語っていたら
ムッシュに「誰か呼びにきたの ?」って言われた(笑)

あずきちさんの優しい言葉に、ブログ更新の意欲を掻き立てられてるわーー !
本当にありがとー !!

マダム鈴木 #RuBj8cxQ | URL | 2017/03/23 00:12 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。