viva

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

犬と行く 白馬・スノートレッキング 







東京では桜が見頃を迎え、盛り上がってます、、、が !

そんなの関係ねぇ ! おっぱっぴーですよ。

こちとら、パソコンがいつまで持つのか

仕事の手を抜いて、ブログ更新と戦ってるんダ !!

マダム鈴木です。

そのときにしか出せない奇跡の爆発力を出しています。

しかし、その奇跡の爆発力は仕事で出たためしがありません。




さぁ、雪を見せてやろうじゃないか。










DSC07128スタート

白馬の雪山・スノートレッキングのスタートです。








にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ
にほんブログ村








ソリをバージョンアップしたら、スタートから乗り込んでる

毛むくジャラーたちですよ。










DSC07125青空タンデム

歩く気ないのねー。


最強・雨ファミリーの鈴木家だけれど

雪国での雨は、まず降らないですから (えへん ! )

青空出ちゃってますから (ドヤ ! )










DSC07139森の中

「ある~ひぃ♪ 森のなかぁぁ~♪」



・・・その歌、やめて。

グリーンシーズンは歩けない、鬱蒼とした森の中を

ザクザクと歩ける楽しさはスノーシューならではです。

・・・メッチャ辛いけど。










DSC07099曇天

青空だったのに・・・だんだん曇ってきましたよ・・・










DSC07091テリアズ

「 So ! それが鈴木家 ! 」



サンキュー !










DSC07102鳥居

神秘の鳥居



第一ポイントは、標高1000メートルの雪に埋もれる鳥居です。

実物は、とても神秘的です。

写真でお伝え出来なくて 甚だ無念であります。



今年は、雪が少ない白馬。

去年より埋まってませんでしたが、それでも感動しました。

ちょっと休憩してから、第二ポイントへ向かいますよ。










DSC07209行動食

本日の行動食は、レモンパック !


超大好物です !

ヤマザキを全力で応援してます !

マダム山崎に改名したいくらい好きです。


さて、第二ポイントへ向かいますよ










DSC07140テクニック①

「リーフ ! ここは負担大きいからソリに乗りなさい」

「まっぴらごめんだね」



本当は、直登したいのですが

緩やかに見える、この傾斜。

実はめっちゃ急なんです。スノーシューでも膝までズッポリ埋まります。

なので、つづら折りでクネクネと道を作りながら登って行きますよ。

シニアのリーフを気遣って、何度も無理矢理ソリに乗せますが

飛び降りて歩き出し、断固拒否します。

・・・まったくもう。










DSC07143テクニック②

「絶対、ソリやだー !!」



キミの体をこんなに思っているのに。

乗らなくていい時に乗って、乗って欲しい時には乗らない。

本当にノーフォークってガンコだよね。

この日、最大のピークは目前です。










DSC07145トドメ

「重ーーーい ! ツラーーーイ !!」


絶叫するムッシュ(夫)。



・・・このタイミングで乗るんだ・・・

さすがチンピラ。トドメの刺し方がプロの殺し屋。

ハルなんて後ろ足でブレーキかけてるもん。










DSC07148稜線

杉並木の稜線



ムッシュも無事、チンピラのトラップをくぐり抜けましたよ










DSC07150稜線②

マダムの大好きなコースです。


大きな杉の木がたくさんある稜線に

柔らかい光が差し込む、この景色が大好きです。


悩んだり、迷ったり、どうしようない暗闇にいるような気がする時も

見えてないだけで、ちゃんと光は届いてるんだなって思うよね。










DSC07151稜線③

犬たちも嬉しそうです。

山歩きって、本当に楽しい。










DSC07153真横で落雪

すぐそばでズザッー ! と落雪が。










DSC07156落雪

今度は目の前で落雪 !


3月初旬だけれど、やっぱり今年の白馬は暖かいです。

ここは稜線なので、両脇は崖です。

落雪が直撃しなくてよかった。

やっぱり山は危険と隣り合わせですね。










DSC07165牧寄

最後の目的地。


白馬村、最古のスキー場。

49年前に閉鎖された、追憶のスキー場。

すっかり木々が生い茂り、

かつて賑わったはずのゲレンデは見る影もないけれど

展望も決して良いワケではないけれど

50年以上前のリフトを見て想いを馳せるこの空間が好きです。


かなり天候が怪しくなってきたので下山しますよ










DSC07171帰りの杉並

帰り道の稜線。


行きは、杉の木に雪が付いて雰囲気がありましたが

帰り道の杉は雪がない。

同じ杉並木なのに、表と裏でまったく顔が違います。

雪を運ぶ風の道が良くわかります。










DSC07183絶景ポイント

「ストッーーープ ! ! 」


遠くに剱岳が見える、お気に入りの絶景スポット










DSC07194絶景見えず

「ぜんぜん見えないやーん ! ! 」



・・・天気がドンドン悪くなってるわー。










DSC07097かわいいリーフ

「ドンマイ! 」



さ、さんきゅー。










DSC07217帰り道

「遅いよー。 帰るよー」



・・・道が出来てるから、チンピラたちの帰りの足が速い。

3時間半のスノートレッキング。楽しかったー。











帰りくらい、私を乗せてソリを引けー ! のクリッーク !



ですよねー



trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。